« レコード・ハントその1 | トップページ | レコード・ハントその2 »

渋い曲を選びますね。

今日の「快楽ジャズ通信」の放送は、スタンダード曲《ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド》の特集でした。私、この曲はあまり記憶していません。さてさて、どんな演奏が聴けるのか楽しみです。

詳細は書きませんが雲さんの曲説明はいつもわかりやすいんですよ。
コード進行が良い曲と言っていましたが、なるほどです。
キーボードで弾いて説明してくれた雲さんが個人的にグッとくる曲の「ツボ」は、
私もグッとくるところでした。

最初はケニー・ヘイグウッドの男性ボーカルで曲を掴んでもらおうという趣向。
なるほどこういう曲なのね。

次はアート・ペッパーのアルトサックス。
サラッと淡々と吹いているのに切々と心に訴えかけてくるペッパー。
こういうペッパーは良いですよね。日本人好みだと思います。

次はリー・コニッツのアルトサックス。
雲さんはリー・コニッツのバージョンがお好きらしいです。
雲さんは「冥王星のラブ・ソング」と言っていました。
この演奏の寂寥感、浮遊感を表しているみたいです。
説明どおりの感じです。飄々としつつ独特のアクがある演奏。
マニアックな選曲だと思います。これイイ!

次は一筋縄ではいかないスタン・ケントン楽団の演奏。
サスペンス映画のバックに流れるが如きのホーン・アンサンブルをバックに
トロンボーンのソロ。こりゃ確かに一筋縄ではいきませんね。
このアバンギャルド感はなかなかです。
この選曲は雲さんならでは、面白いじゃありませんか?

今日も出ました!バド・パウエルの演奏。
パウエル者の雲さん、最高と言っています。そうでしょうそうでしょう(笑)。
甘さを排したロマンティシズム。
私も全く異論はございませんです、ハイッ(笑)!
曲終了後、「これが一番好き。」と言っています。
雲さんはパウエルが弾いたのを聴いたからこの曲が好きになったと。
ハイハイわかりました(笑)。

次はスタン・ゲッツのテナーサックス。ルースト・セッションから。
いつものスムーズ軽やかな演奏。これもイイですね。
雲さん曰く、個人的にはクール時代のゲッツが最高。

最後はボーカルもの2曲。白人と黒人の対比も面白いです。
カマトトぶったビヴァリー・ケニーと、ノリノリなダイナ・ワシントン
ビヴァリーはカマトトだってイイ。カワイイじゃありませんか?
ダイナの楽しい歌唱で〆。ブラウニーのトランペットも最高!

ダイナのこの曲、最近ラジオで聴いたことがあるような?
思い出しました「PCMジャス喫茶」にゲスト出演した「東京JAZZ」の
女性プロデュサーが「朝聴くと頭がシャキッとする。」と言ってかけた曲でした。
その時の記事はコチラ↓
http://ikki-ikki.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d702.html

<アフターアワーズ編>
ディレクター嬢はパウエルとペッパーが良かったとのこと。
もうジャズ中級と言って良いのかな~?
そして、久々のディレクター嬢初見弾きのコーナーとなりました。
ディレクター嬢はこの「調」が好きなのだとか。
楽器をやらない私には「調」が好きという感覚が?なのですが、
その発言が気になります。

|

« レコード・ハントその1 | トップページ | レコード・ハントその2 »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんにちは。
例のブツは、早速確保しておきました。
(ちゃんと、端っこのフュージョン箱に戻っていました)
検盤も店長らしき人物に「オイラ老眼だから、見えなくて〜」と
言って、しっかりさせておきました。上物らいいとのこと(笑)。
あ〜、でもさ〜!行ったら行ったで、余計なもの買うよね(泣)。
今日は「渋谷JAZZ VOCAL セール」でした。
ヴォーカルは見ただけですが、他のを買いました。
5/6は『渋谷ヨーロッパJAZZ廃盤 セール』だそうです。
近過ぎるのも問題だね(笑)。

投稿: tommy | 2009年5月 4日 (月) 15時02分

tommyさん。

どうもありがとうございました。検盤にも感謝です。

ビッグバンド好きの人が「こんなものをココに入れておくとはけしからん。」ということで、フュージョン箱に戻したのかもしれませんね。
私も時々「これはきっと隠しているよね。」というブツを元の棚に戻したりすることがあります(笑)。

>あ〜、でもさ〜!行ったら行ったで、余計なもの買うよね(泣)。
そうなんですよ~。行くと買っちゃいます。

5/6の『渋谷ヨーロッパJAZZ廃盤セール』、近いと行きたくなりますよね~(笑)。もし行かれたらお客の入り具合を教えてください。

投稿: いっき | 2009年5月 4日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渋い曲を選びますね。:

« レコード・ハントその1 | トップページ | レコード・ハントその2 »