« オレのはらわたをエグっておくれ! | トップページ | これカッコイイので是非! »

快楽ジャズ通信、恐るべし!

今日の高野雲さんの「快楽ジャズ通信」「ウェイン・ショーター特集」
ゲストはBOZOのリーダーでアルト・サックスの津上研太さんでした。

私もショターが大好きなので、どんな放送になるか期待していました。
拙ブログでも以前ショターについて雲さんとtommyさんを交えて
コメント欄で「いいよね~。」トークをしました(笑)。

今日の放送、結果から先に言うと、凄く良かったです!
ニヤニヤしながら「そうだよね。」とうなずきつつ聴いていました。

ますは、雲さんのショターの聴き方から入りました。
「美術館で巨大な油絵を見るが如く、3,4m下がって絵全体を俯瞰する。」
というものです。
これについては津上さんも「正しい。」と言っていました。
「そういう人が1万人いると良い。」なんて面白いことも言っていましたよ。

雲さんは、「津上さんはショーターに似ていると思う。」と言ってました。
津上さんも「ショーターにはそうとう影響を受けている。」と言っていました。
意見は一致したようですね。(緑字は私の意見などです)

雲さんからウェインの良さをたずねられて津上さんは、
「曲が変わっている。コピーしても無駄。
やっていることが全体のバランスの上に立っている。
吹かない行為も演奏しているようにみえる。」
と言っていました。
なるほどと思いました。雲さんのショーターの聴き方と共通です。

津上さんとショーターの出会いのアルバムは『セカンド・ジェネシス』。
くぐもった変な音だと思ったとか。
次に聴いたのが『ネイティブ・ダンサー』で目から鱗が落ちたとか。

『セカンド・ジェネシス』から《ルビーと真珠》
『ネイティブ・ダンサー』から《ポンタ・ジ・アレイア》
2曲続けてかかりました。

雲さんから「上記2枚のアルバムの聴き所は?」と聞かれた津上さんは、
「初期のショターは曲の構造がしっかりしている。時代を経ておかしくなってくる。」
と言い。《ポンタ・ジ・アレイア》については、
「最初にショーターが出ずに歌が出てきて、この歌がジャズじゃない。
でもジャズじゃなくても良いじゃん音楽であればと思った。
歌の後に入ってくるショーターのカデンツァが素晴しい。」と言っていました。
これにもなるほど納得なのでありました。

津上さんは、
「ジャズ・メッセンジャーズ時代はバンドの色もあって編曲に力を入れた音楽監督。
マイルス・バンドに入って曲の構造がとろけた。」と言っていました。

ここでそのマイルス時代の曲。
『ネフェルティティ』からタイトル曲

これはジャズ喫茶「いーぐる」の益子さんの特集
「21世紀へのジャズ、いくつかの補助線」でもかけました。
フロントはソロなしでサウンド・テクスチャー重視。バックはドラムが複雑に叩く。
この辺りの感覚が現代性につながるという話でした。
ショターの『フット・プリンツ・ライブ!』から《マスクァレロ》もかけて、
ショターが何かの雰囲気を作り出そうとソロをとっているようだなんて話があり、
これも現代性なのではないかとのことでした。

曲終了後、
津上さんは「アドリブしないのは当時の新しい考え方。」と言い、
雲さんは「遠近感、絵を見ている感じ。」と言い、
津上さんが続けて「マイルスを聴くとピカソを感じる。」と言っていました。
これもまた納得。今日はこればっかり(笑)。

ここで一旦ショーターを離れBOZOの曲。
『デュエンデ』から《いまだ見ぬ山》

私は出だしを聴いた瞬間これを気に入りましたよ。
くぐもったスモーキーな感じを醸し出たサウンドが良いのです。
ちょっと気だるいテンポもいい感じです。
これって、私が最近はまっているニューヨーク・ダウンタウン系サウンドにも
通じるものがあります。

曲終了後、
雲さんは「ネフェルティティに、空気、ムード、雰囲気が通じるものがあると思う。
それは理論、メロディーではない。」と言います。
それを受けて津上さんは「匂い」だと言います。
これもその通りだと思いました。

雲さんがショターの『ジュジュ』《ハウス・オブ・ジェイド》にも通じるものがある
のではないかということで曲をかけます。

気だるい感じが近いですね。テンポも同じくらい?
サックスの雰囲気が確かに近い感じがします。

曲終了後、
雲さんは「やっぱりショーターはショーター、津上さんは津上さん」と言ったら、
津上さんは「ショーターのこの頃の曲は音域が高く、
アルト・サックスの音域を使っている。」と言っていました。
続けて「だから僕もこの頃の曲をやらせてもらっている。
《ハウス・オブ・ジェイド》もやりたい曲です。」と言っていました。
この辺りのお2人のやりとりは「なるほど、そういうことなのね。」と納得。

最後は津上さんの新譜『ボゥゾ・アンド・フォノライト・アンサンブル』から
《マーズ・ラッシュ》

バックにホーン・アンサンブルが入って、ギル・エバンス的な淡い色彩の
ハーモニーをつけます。その上で津上さんが自由なソロをとっています。
私はこれも良いと思いました。

BOZOは最近ノー・チェックでしたが、ヤバイです。聴かなきゃなりません。

実は私、『BOZO1st』を持っているのですが、あまり好印象ではなかったのです。
なので全然聴いていませんでした。
今『BOZO1st』を書きながら聴いているのですが、全然好印象。
多分これはニューヨーク・ダウンタウンの最近のものを聴くようになって、
この手のサウンドに馴染んできたせいではないかと思っています。
で、この手のサウンドを昔からやっていたショターってとんでもない人だと実感。
私が馴染んだ根っこにはショター好きな私ありだったのです。
そしてそれはマイルスにもつながるようなのです。
今日の放送を聴いて、私の中で色々なことがつながってきました。

私1人で勝手に盛り上がっていますが、ご容赦下さいませ(笑)。

雲さんがブログでこういうサウンドのことを上手く表現していますので、
「快楽ジャズ通信」 を是非お読み下さい。

<アフター・アワーズ編>

《黒いオルフェ》のセッション。

いや~っ、このアルト・サックスの音かなり良いですよね。
わかりました。何も加工していないので素直な音なんですよ。生々しいんです。
私はなんとなくアート・ペッパーを感じました。

雲さんのベース演奏については・・・。
「快楽ジャス通信」をお読み下さい。

|
|

« オレのはらわたをエグっておくれ! | トップページ | これカッコイイので是非! »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いつもレポートありがとうございます。
充実した内容に感じてもらえて嬉しいです。
ポッドキャスト編はユルいですが(笑)。

投稿: 雲 | 2009年5月11日 (月) 12時37分

雲さん。こんばんは。

今回はショーターの魅力などを再認識することができました。ミュージシャンの方のお話を聞いて、どういうことを言っているのか思いを巡らすのは楽しいですね。毎回発見があります。

土曜の「PCMジャズ喫茶」は相変わらずですし、「いーぐる」noteのくだらないやりとりを読んで、気分が悪かったのですが、「快楽ジャズ通信」を聴いてすっかり気分が良くなったんですよ(笑)。

ポッドキャストでディレクター嬢が好になったと言っていた、ショターの出す音のような男ってどんな人なのか?とても気になっている私です(笑)。

ポッドキャストはコチラ
http://www.musicbird.jp/podcast/kairaku_jazz.xml

投稿: いっき | 2009年5月11日 (月) 21時03分

こんにちは。
ショーター時々とっても聴きたくなります。
素敵な曲が多いし。
先日は、ネフェルティティが頭から離れず、久しぶりにレコードかけましたし、先日は、お日様サンサンで、ミルトン参加のネティヴダンサーかけましたし、、
系統立てて聴いたことはないのですけどね。typhoon

投稿: スズック | 2009年5月12日 (火) 16時34分

スズックさん。こんばんは。

コメントいただけるなんてうれしいです。

ショター良いですよね。
ほんとに素敵な曲が多いと思います。

>先日は、ネフェルティティが頭から離れず、久しぶりにレコードかけましたし、

ネフェルティティが頭から離れないなんてちょっと怖い(笑)。あるんですよね、そういうことって。私はどちらかと言うと前作『ソーサラー』の《プリンス・オブ・ダークネス》がかなりの頻度で頭の中で鳴り響きます(笑)。
お~、レコードですか。レコードもどんどん聴いてあげて下さい。

>お日様サンサンで、ミルトン参加のネティヴダンサー

たしかに”お日様サンサンsun”って感じですね。このラジオを聴いた後、私も『ネイティブ・ダンサー』のレコードを引っぱり出して聴いたんですよ。

>系統立てて聴いたことはないのですけどね。

私も系統立てて聴くことはほぼないです。気分次第で”棚からひとつかみ”って感じで聴いています。

投稿: いっき | 2009年5月12日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/29556934

この記事へのトラックバック一覧です: 快楽ジャズ通信、恐るべし!:

« オレのはらわたをエグっておくれ! | トップページ | これカッコイイので是非! »