« ジョージ・アダムスが結構好きでした。 | トップページ | トホホな感じ? »

「高野 雲の快楽ジャズ通信」はtommyさんがゲスト!

今日の「高野 雲の快楽ジャズ通信」「スコット・ラファロ特集」
ゲストは沖縄コザのジャズ・カフェ「スコット・ラファロ」のオーナー
我らがtommyさんです。

tommyさん、スタジオにCD20~30枚を持ち込んだらしいです。
さすがです(笑)。
雲さんとtommyさんのコンビ。
話がテンポよく進んで行くので気持ち良かったです。

最初はベタな選曲。
雲さんがビル・エバンス・トリオの特徴を説明します。
『サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』から《グロリアズ・ステップ》

これラファロの曲だったんですね~。イイ曲ですよね。
何度聞いてもやっぱりラファロのベースは素晴しい。
もちろんエバンスは最高!
(以降、緑字は私が曲を聴いた感想などです。)

雲さんとtommyさん、「きれいでしたね~。」と言います。
雲さんは漂う感じのベースが良いと言います。

次はラファロの4ビート。歌伴もうまいんだよというこの曲。
『ジス・イズ・パットモラン』から《ラバー・カムバック・トゥ・ミー》

これ、アップ・テンポの演奏で、ラファロの4ビートが最高!
これだけ歯切れよく力強いベースを弾けるって凄いですよね。

雲さんも素晴しいと言ってます。
プロ2年目だそうです。
雲さん曰く、ステディーに刻んで存在感ある音。

そくそく進みます(笑)。次の曲。
ハーブ・ゲラー&ヒズ・オールスターズ『ジプシー』から《カウ・ソング》

これはラファロの歌心をきく曲なんでしょうね。
ほとんど全編ラファロのベース・ソロで、これが秀逸です。
さっきの4ビートとこの歌心がエバンス・トリオにつながるということなのでしょう。
tommyさんの鋭い選曲に脱帽です。

雲さん、出だしはカワイイけど、ソロになるとエバンス・トリオの3連、6連が出て、
せりあがる感じの特徴が出ていると言ってます。

tommyさんから、ラファロのスタジオ・ミュージシャンとしての資質の話があります。
そんなラファロのショー・ビジネス的な仕事。
『スタン・ゲッツ・ウィズ・カル・T・ジェイダー』《LIZ-ANNE》

これは特徴があるわけではないですが、
ワルツでのラファロのステディなベースを聴く曲だと思いました。
ゲッツのテナーが良いですね。

このアルバム、オーネットと共演したビリー・ヒギンズがドラマーなんだとか。
ステディーに刻むドラムです。

tommyさんによれば、ラファロの感覚はデザイナーっぽいとのことです。
それは、コマーシャルな部分をこなしなから、
アーティストな部分も生かしているところだとか。
tommyさんらしい感想ですね~。納得するものがあります。
4年間の活動歴でリーダー作は1枚もないですが、参加アルバムは多いです。

ジャケットは西海岸特有のおちゃらけだけど、中身はしっかりしている1枚。
『ジ・アライバル・オブ・ビクター・フェルド・マン』から《マイナー・ラメント》

この曲を選曲するあたりは、tommyさんの「せつね~」好きだと思います(笑)。
ラファロの自由なベースが良いです。

曲の最後では珍しい弓弾き。
西海岸はクラシックの教養があるピアニスト多く、
そういう人達とやったラファロはアンサンブルに興味があり、
そこで学んだもの(美味しいところ)をエバンス・トリオに生かしたのではないか。
というtommyさんの分析があります。

次はオーネット・コールマンとやった1枚。
雲さんの「尖がったベースを聴きたい」というリクエストに応えて、
フリー系の演奏など。
ジョン・ルイスがプロデュースした『ジャズ・アブストラクション』から《ジャンゴ》

この演奏はフリーではありません。
ここでもエバンス・トリオに通じる演奏をしています。
こんな演奏があったんですね。
実験的な臭いも漂いますが、これは確固とした表現だと思います。

ベースは2名、伴奏のジョージ・ディビビエとソロのラファロです。
ギターはジム・ホール。

続けて今度はフリーな曲。
同アルバムから《クリス・クロス》
メンバーは曲をかけてから教えるということで、雲さんへのブラインド。

アハハッ、なるほどドルフィーのバスクラリネットがフロントですね。
これも良い演奏だと思います。この選曲は渋いですね~。
フリーとは言っても、それほど難解ではありません。
これは良いアルバムですね。ほしくなりました。

雲さんは今日の中でこれが一番良いと言ってます(笑)。
tommyさんによれば、コマーシャルなこともやって、フリーもやって
エバンス・トリオがあると。なるほどと思いました。
最後に、知的なピアニストと相性が良いという話や、
音色に特色があるという話もありました。

今日の放送はスコット・ラファロの魅力がよくわかりました。

<アフター・アワーズ編>

リスナーにプレゼントのお知らせ。
今回のラファロの特集にあわせて、
tommyさんがスコット・ラファロのディスコ・グラフィー(pdfファイル)を
50名様にプレゼント。

そして、
ベースつながりで、国仲勝男さんのベース・ソロを持ってきて聴かせてくれました。
録音は沖縄「音無館」の安次富さん。
曲は『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』。
強靭なベースは聴き応えがありました。

5月14日(木)ジャズ・カフェ「スコット・ラファロ」
林栄一さんと国仲勝男さんのライブがあります。
私はお2人のライブを甲府「桜座」で見ましたが良かったです。
その時国仲さんはサイレント・ギターだけを弾いていました。
ところがスコット・ラファロのライブでは国仲さんのベースが聴けそうだ
というんだから羨ましい。

昨日はtommyさんのアナログ導入計画のお手伝いをしてきました。
やっぱりアナログは手間がかかりますね~。
tommyさんが集めたプレーヤーで遊ばせていただたうえに、
ご馳走までしていただいちゃいました。
楽しかったです。そしていろいろな発見もありました。

|

« ジョージ・アダムスが結構好きでした。 | トップページ | トホホな感じ? »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。
スコット・ラファロ特集は楽しんで頂けたようで、ホッ!(笑)。
それ程ストイックな感じはしませんねラファロは・・・。
「音楽という仕事」が好きだったのだと思います。
今生きていたら、きっとエレベを弾いていたかもしれません(笑)。

投稿: tommy | 2009年4月20日 (月) 23時04分

tommyさん。こんばんは。
スコット・ラファロ特集楽しめました。
そして、いろいろ教えられました。
エバンス・トリオだけからの印象だと、ストイックだと思われてしまうのでしょうね。
そうではないということはよくわかりました。
「音楽という仕事」が好き、ということは職人気質と言っても良いのかもしれませんね。山下達郎のような感じ?
ラファロのエレベ、聴いてみたかったなあ~(笑)。

投稿: いっき | 2009年4月21日 (火) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「高野 雲の快楽ジャズ通信」はtommyさんがゲスト!:

« ジョージ・アダムスが結構好きでした。 | トップページ | トホホな感じ? »