« 蓄音機の調べもいいもんだ。 | トップページ | 日本人ジャズを聴こう 超久々! »

祝!高野雲さんのメルマガ1000号。

今日はおめでたいことがありました。

サイト:カフェ・モンマルトル の管理人にして、
ブログ:「快楽ジャズ通信」 の主宰者にして、
ミュージックバードの「高野 雲の快楽ジャズ通信」のパーソナリティ。

その我らが雲さんが発行しているメールマガジン1000号を達成しました!

本当におめでとうございます!

そして、カフェ・モンマルトルも3月21日でまる10年経ったそうです。

こちらもおめでとうございます!

私は雲さんと知り合ってからまだ1年経っていませんし、
メルマガも最近の70号くらいしか読んでいません。
つまりサイトとメルマガの歴史の1割以下しか私は知らないことになります。
それにしてもず~っと以前から、サイトとメルマガを続けていたんですね~。
いや~、凄い持続力です。尊敬致します(笑)。

雲さん。これからも楽しい情報を発信し続けて下さいね。
微力なから今後も応援していきたいと思っております。ハイ!

★肝心なことを書き忘れていたので追記します。

メルマガの内容のことです。
これがなかなか濃いのです。
毎回ジャズ・アルバムを1枚選んでレビューをしているのですが、
雲さんが興味を感じているという「音色と空間配列(音のデザイン)」について、
つまり聴き所を、わかりやすく丁寧にかつユーモアも交えて説明してくれるのです。
私なんか読んでいて「なるほどそうか。」と思うことしきり。
なんと1000枚のアルバムをレビューしたことになるんだから凄い!

メルマガ・マニアな視点としては、
おまけとして書いている?「ワタクシゴト」が結構面白かったりします。

話は変わって、久々にアルバム紹介。

P143 ポール・デスモンド『ザ・ポール・デスモンド・カルテット・ライブ』(1975年rec. Verve Music Group)です。メンバーは、ポール・デスモンド(as)、エド・ビカート(g)、ドン・トンプソン(b)、ジェリー・フラー(ds)です。

これは何度も登場している私のジャズ・ガイド本、油井正一さん著「ベスト・レコード・コレクション・ジャズ」でチェックしていたものです。この中古レコードは高田馬場のジャズ喫茶「マイルストン」でも以前売っていて、他のお客さんがこのアルバムについて尋ねたら、マスターは良いアルバムだと言っていました。

今回HMV通販の特価CDを買いました。最近はAmazonよりは、HMVのマルチバイ割引ばかり利用しています(笑)。

さてこのアルバム、油井さんの本に「ジャズを聴きこんだ大人に選ばれそうな1枚。」とあるとおりの内容です。ギター・トリオをバックにデスモンドが趣味の良いアルト演奏をします。肩の力を抜いて飄々とメロディアスなフレーズをスラスラと歌い上げるのを聴くと、気持ちが軽やかになってきます。まるで心地良い春風に吹かれているようです。

ギターはまろやかな音色でデスモントにピッタリ寄り添います。同質なものを持っていると思います。ベースとドラムも軽やかさをいささかも損ねることなくフワフワ、サクサクとサポートしています。ベースがしっかりしたソロをとるのも高ポイントです。

私の好きな曲《ウェイブ》《カーニバルの朝》《ヒアーズ・ザット・レイニー・デイ》なんかは最高ですね。もちろん《テイク・ファイブ》も入っていて、こちらはデスモンドがちゃんとソロをとっています。エスニック風味満載ですね~。ベースのちょっとテクニカルなソロが良いアクセントになっています。このソロをブラインドで聴かせて、最近のヨーロッパ・ベーシストだって言ったら、多分信じると思いますよ。30年以上前の演奏なのにね(笑)。

それからこのCD、ライブ録音にもかかわらず音がとてもクリアで鮮明です。これリマスタリングしたのかな~。30年以上前の録音とはとても思えません。

ジャズを聴きこんだ大人の方におすすめします。

アルバム名:『The Paul Desmond Quartet Live』
メンバー:
Paul Desmond(as)
Ed Bickert(g)
Don Thompson(b)
Jery Fuller(ds)

|

« 蓄音機の調べもいいもんだ。 | トップページ | 日本人ジャズを聴こう 超久々! »

ジャズ友」カテゴリの記事

コメント

いっきさん

ありがとうございます。
ホームページもメルマガも、特にやめる理由もないので、ダラダラとつづけていたら、いつのまにかそうなっちゃったというのが正直なところなんですが、それでもこう紹介されると嬉しいものです。

ポール・デスモンドのこのアルバムはまだ聴いたことがありませんが、良さげですね。


投稿: 雲 | 2009年3月28日 (土) 05時25分

雲さん。こんにちは。

いえいえ、どういたしまして。
ダラダラだっていいじゃないですか。
長く続けていることは素晴しいことだと思います。

デスモンド是非聴いてみてください。

投稿: いっき | 2009年3月28日 (土) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!高野雲さんのメルマガ1000号。:

« 蓄音機の調べもいいもんだ。 | トップページ | 日本人ジャズを聴こう 超久々! »