« モンクは変!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | 近所にある県立美術館 »

コメントありがとうございます。

「PCMジャズ喫茶」についてまるしおさんから素敵なコメントをいただきましたので、こちらに転載させていただきます。以下青字がいただいたコメントです。

●レポート、御苦労様です。
 不満の多い番組を、貴重な時間を割いてレポートしなくても別にいいのではないでしょうか。
 あかぎ小次郎さんが安原永世ゲスト時代の名場面をときどきアップされていますが、私はあれが大好きで、ああいうものならどんどん読みたいです。

●私は「PCMジャズ喫茶」の大ファンで、この番組の満足度を100とすれば、「快楽ジャズ通信」は「平均20、たまに35」といった程度です(雲さん、ごめんなさい)。
 実際、この番組は名場面の宝庫で、ゲストミュージシャンの魅力を十分引き出していると思います。
 最近ではMAYAさんが、「結婚指輪をしたままで演奏している人がいるが、そういうデリカシーに欠けるミュージシャンは最低である」といった趣旨の発言をされ、「いやあ、この人はビシッと一本筋が通っているなあ」と感心しましたし、平賀マリカさんが自分の嫌いなニーナ・シモンを聴かされてコメントを求められたときに見事な対応をして、「ジャズボーカリスト・平賀マリカ、ここにあり」というところを見せました。

●また、岩浪さんが実に愉快な大人物であるということも分かって嬉しいし、長澤さんが不意に繰り出す当意即妙のシャレ(「それでは Question & Answer になりませんねえ」は最近の傑作)には思わず、「座布団十枚!」と言いたくなります。とにかく面白い番組ですから、皆さん、ぜひミュージックバードに加入してお聴き下さい。(宣伝になってしまいました。失礼いたします)

どうもありがとうございます。
私も多くの方にミュージックバードに加入していただいて、ジャズ番組を聴いていただきたいと思っていますので、宣伝は大いに歓迎します。
まるしおさんがおっしゃるような「PCMジャズ喫茶」の魅力を、私も伝えなければいけないのでしょうが、なかなかうまくいきません。

まず、ジャズの聴き方が寺島さんと私は違うので、そこにツッコミを入れたくなっちゃうんです(笑)。人気番組に私の意見を入れてレポートすることに不快感を抱く方がいらしたとしても、それはしょうがないと思っています。私のレポートに対して「お前何言ってるんだ。」という方もいらっしゃれば、「お前の言うとおりだ。」という方もいらっしゃるところが、面白いのではないかと思います。

私も、MAYAさんの自分をしっかり持ちつつ率直でオジサマ達を惹き付けるカワイさがあるところや、平賀マリカさんのオジサマ達に合わせつつも言いたいことは曲げずに最後には自分の意見を頷かせてしまう技などは、とても楽しく聴きました。そういうところをレポートしようと思いつつも、いったんやりだすと時間がかかるのでなかなか出来ずにいます。

岩浪さんや長澤さんのキャラも面白いのですが、私の興味は、そういうキャラを紹介するというよりは、お2人のジャズの聴き方についてツッコミを入れるほうにあるのも事実です。そういう意味ではまるしおさんが期待されるようなレポートは書けないような気もします。ご容赦いただきたく。

「快楽ジャズ通信」は「PCMジャズ喫茶」にはかなわないのは当然です。なにしろキャリアが違いますから。でも高野雲さんの楽しい番組を作ろうとする姿勢や、ジャズの聴き方には大いに共感できるものがあります。だから私は応援しています。ミュージシャンがゲストに来た時などは、短い時間なのにミュージシャンの魅力をかなり引き出していると私は思いますが、いかがでしょう?

今後もよろしくお願い申し上げます。

|

« モンクは変!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | 近所にある県立美術館 »

寺島靖国のPCMジャズ喫茶」カテゴリの記事

コメント

いっき様

はじめまして。DREAN'と申します。
いっき様のブログは、いつも楽しく拝見しています。

私もミュージックバードのheavy listnerです。

実は、個人的なことで、いっき様にメールを差し上げたく思うのですが、
宜しければ、ご連絡先のメアドを教えていただけませんでしょうか?
記載のアドレスにご一報いただけますとご幸甚に存じます。

私めなりの感想を1つ書かせていただきます。

JAZZとは直接関係のない与太話に重きを置く人には、
快楽ジャズ通信の素晴らしさは中々理解できないものだなと思いました。

私の評価はまるしお様とは正反対です。
快楽ジャズが80~100だとすれば、
PCMはせいぜい20~35です。

理由は、音楽的な充実度が感じられないからです。

2時間のボリュームで、リスナーが面白いと感じる箇所が
指輪の話や、座布団十枚のコメント云々というところが
すでに音楽番組としてのお粗末さを象徴しているように感じます。

当然、はまるツボには個人差があるでしょうし、
パーソナリティのトークも番組の大きな魅力という点は承知いたしておりますので、
まるしお様のご感想に異議を申し立てるつもりは微塵もございません。

PCMは寺島靖国氏のファンにとっては、きっと楽しい番組なのでしょう。
しかし、ファンでもない者にとっては、歯ごたえのない番組と感じるのです。

勝手なことばかり書き、申し訳ありません。
突然のお願いと書き込み、失礼いたしました。

投稿: DREAN | 2009年2月 3日 (火) 19時15分

DREAN'様。はじめまして。

拙ブログをお読みいただきどうもありがとうございます。
番組についての感想は人それぞれあると思いますので、私はお2人がおっしゃりたいことはよくわかります。私は「PCMジャズ喫茶」も「快楽ジャズ通信」も好きですが、魅力を感じるところは異なりますので、点数をつけようとは思いません。両番組とも聴いてほしいのです。これじゃ~ミュージックバードの回し者みたいですね(笑)。

投稿: いっき | 2009年2月 3日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントありがとうございます。:

« モンクは変!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | 近所にある県立美術館 »