« 久々に面白かったジャズ本! | トップページ | 今年最後、お疲れ様です!「高野雲の快楽ジャズ通信」 »

久々に「PCMジャズ喫茶」の緩~いレポートでも

今日は久々にミュージックバードの「PCMジャズ喫茶」をリアルタイムで聴きました。やっぱり、土曜日の午後2~4時ってなかなか聴いていられませんね。12月に入って週末3連続で東京のイベントがありましたしね。

安井さち子さんゲストの回は聴いて録音してそのまま。
オーディオ・ショウの回は最初の部分をちょろっと聴いて録音せず。
平賀マリカさんゲストの回は録音してまだ聴いていない状態。

といった具合でなかなかレポートできません。せっかくミュージックバードから番組レポートの許可をいただいたというのに、レポートできなくてごめんなさい。録音した回については、年末・年始に聴いてレポートをUPしようと思っています。ゲストが来る回は面白いんですけど、それ以外はどうも緩めの内容ですね。

今日もゲストなしということで、緩~いネタになっていました。私は途中で来客があったので残り30分は聴いていません。今日のレポートはかなり緩~い感じにします。

さて最初は、寺島レーベルから出るワンホーン・カルテットの新作を録音したという話題です。例によって、アルバム1曲目をどういう曲にするかとか、どういう風に演奏させたかったかとか、プロデューサー論をやっていました(笑)。いつもと同じネタなので特に説明するまでもないですね。アルバムから2曲かけましたが、残念ながら新作は私の好みではないようでした。

それにぶつけるかたちで、岩浪さんがジャンニ・バッソ&レナート・セラーニヴィーナスの新譜からバラードを1曲かけました。なかなか良かったですが、私は単に個人的にヴィーナスが苦手なので・・・(笑)。寺島さんもサブトーンの感じが気に入ったみたいです。長澤さんは音数が多くてだめだとか言っていましたが、岩浪さんは「これで多いの?」なんて驚きも。私は岩浪さんに賛同します。

途中から人妻Aさんが来ました。Aさんはテナー・サックスの低い音がダメらしいです。その音を聴いただけで拒絶反応が出るらしく、演奏を聴くまでに至らないんだとか。世の中いろいろな人がいるんですねー。寺島さん好みのサブ・トーン「ズズズッ」とかはもってのほかのようです(笑)。

で、かけたのがアイスランドのアルト・サックスの曲で、う~んB.G.M.的でした(笑)。悪くはないと思います。これはこれで良いと思いますよ。Aさんはアルトの音がきれいでソプラノ・サックスのようにも聴こえると言っていましたが、私にはどう聴いてもアルトの音でした。長澤さんはこれを聴いて、Aさんのポール・デスモンド好きを当てたとか、そして周りに人がいるのも忘れて聴き惚れたとか言ってました(笑)。

長澤さんはドラムのビリー・キルソンがお気に入りとかで、ハンク・ジョーンズGJTの新譜から1曲かけたのですが、寺島さんが収録曲に噛み付きました(笑)!いつものごとく、こんなよく知られた曲ばかりではダメだということになり、プロデューサーの希望だろうとか、ハンクが希望したんだろうとか、演奏の感想そっちのけで議論していました。お決まりのやつです(笑)。TOKUと嫌いなケイコ・リーが1曲ずつゲスト参加していることにも、寺島さんは文句を言っていましたよ(笑)。

岩浪さんがかけたヴォーカリスト東かおるさんの曲が良かったです。東さんはニューヨークにずっといて、今は日本にいるとか。セロニアス・モンクの《ベムシャ・スイング》に日本の歌詞を付けて歌っています。岩浪さんは「他の人が何と言おうと僕は良いと思う。」と言ってかけたのですが、私は肩の力が抜けた何ともジャジーな感じが気に入ってしまいました。

聴き終わったあと、寺島さんも意外と良いと言っていました。なんだかんだ言って寺島さんはちゃんとジャジーな感じはわかっているんだと思います。岩浪さんはどことなくユーモアのあるこの曲が生かされていると言っていましたが、寺島さんはモンクの小難しい曲が聴きやすくなっていると言っていました。寺島さん。相変わらずモンクに拒絶反応を示しています(笑)。私は岩浪さんの意見に賛成です。

その後寺島さんが、珍しくハンク・モブレーディジー・ガレスピー昔の録音のものをかけました。こういうのを最近なぜ聴いているのかについては「ジャズ批評」1月号の記事「ジャズはジャズだ」に書いてあります。ご一読を。

寺島さんもいよいよピアノ・トリオに飽きて、こういうところに手を出しているらしいです。あ~あ、寺島さんはピアノ・トリオに飽きて、自分のCD棚から過去のアルバムを取り出して再度聴きなおせるでしょうけど、単にピアノ・トリオから入った人は、まず過去のアルバムは聴かないでしょうね。誰かがきちんと手当てしないと、路頭に迷っちゃうかも・・・(笑)。

途中までですが、今日はこんな具合の緩いネタでした。ただ、いつものごとく「また言ってるよ。」とツッコミを入れつつ笑いながら聴きました。

そろそろ、ジャズのコアに迫る議論をするように、雲さんがゲストに出ないとまずいんじゃないでしょうか?ねえ皆さん!でも、雲さんは番組を持っちゃったからなあ・・・。

今日もなぜか途中まで書いたのが消失してしまい、書き直していたらもうこんな時間に・・・。おやすみなさ~い。

|

« 久々に面白かったジャズ本! | トップページ | 今年最後、お疲れ様です!「高野雲の快楽ジャズ通信」 »

寺島靖国のPCMジャズ喫茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に「PCMジャズ喫茶」の緩~いレポートでも:

« 久々に面白かったジャズ本! | トップページ | 今年最後、お疲れ様です!「高野雲の快楽ジャズ通信」 »