« 「いーぐる」の「カーラ・ブレイ特集」! | トップページ | 私のオーディオ! »

今日は秋らしく!「高野 雲の快楽ジャス通信」

今日は高野雲の快楽ジャス通信の5回目の放送でした。
超有名スタンダード曲「《枯葉》特集」です。

放送の内容は雲さんのブログ高野 雲の「快楽ジャズ通信」
をご覧下さい。より詳しく掲載されているうえに、
かかったCDも紹介されています。

最初に《枯葉》という曲についての丁寧な説明がありました。
バックに流れるのはキャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』から。
やっぱりジャズ・ファンにとっての《枯葉》と言えばこれ。
時間の関係でB.G.M.になっちゃったけど、こればっかりはしょうがないです。

スタン・ゲッツの演奏。
しんみり心にしみます。
ゲッツいいなあ。

ジョニー・グリフィンの演奏。
これは打って変わってアップ・テンポでグリフィンがブリブリ。
これぞジャズのアドリブっていうスリル満点の演奏です。
ピアノのロニー・マシューズだって最高のドライブ感です。
これがあるからジャズを聴くのがやめられないのです。
雲さん「ク~ッ」なんて言ってます。続きは「タマラン」では?
これって誰かのきめゼリフ(笑)?

ウィントン・ケリーの演奏。
ケリー節をキーボードで説明。なるほどなるほど!
これは定番的な演奏。
ケリーのピアノの魅力満載です。
ポール・チェンバースのベースも雲さんの言うとおり素晴しいです。

ナニナニ?いきなり「冬のソナタの曲」をキーボードで弾き出したよ。
一部に《枯葉》のコード進行と同じ部分があったんですね。へ~え!
オーッ!続いてメロディー論が出てきましたよ。
なんかかなり力入ってますよ。
「雲さん、抑えて、抑えて!」
気持ちはよ~くわかりますから(笑)。
次の曲へのフリだけだとは思えない意図があるんじゃないですか(笑)?

サラ・ボーンの歌。
全編アドリブ・スキャット。
この曲は私にとって思い出深いです。
ジャズを聴き始めた頃に、NHK FMの「ゴールデン・ジャズ・フラッシュ」で聴いて
サラ・ボーンを強烈に意識した曲です。凄すぎます!
このカッコ良さに当時の私は打ちのめされたのです。
ジョー・パスのギターだって最高ですよ。
やっぱジャズ聴いて良かった~、なのでした。

カル・ジェイダーの演奏。
ユルイッ(笑)! チャカポコなパーカッションが・・・。
雲さん和ませ過ぎです(笑)。

エロール・ガーナーの演奏。
これはまたガーナーならではのダイナミックな演奏。
こういう個性が聴けるのもジャズのひとつの楽しみです。

もう最後の曲ですって、今日は時間の経つのが速いぞっ!

ウィントン・マルサリスの演奏。
上手い!この人上手いんだよな~。
トランペットを鳴らすことにかけては
未だにこの人を超える人はあんまりいないと思います。
この人にはアドリブや表現にかける演奏に徹してほしかった。
ここでのマーカス・ロバーツのピアノに、私はあまりこないんですよ。
これはちょっとトリッキーでいまいちかな?

今日はいろいろな枯葉が聴けてとても楽しい放送でした。

ミュージックバードで聴いている人の特権。「アフターアワーズ編」
B.G.M.は私も大好きなミシェル・ペトルチアーニエディ・ルイスのデュオで《枯葉》。
ゲストはなんとtommyさんですよ。
tommyさんのオーディオ・システム紹介とオヤジ達の雑談!(笑)
私はお2人をよく知っているから驚かないのですが、
知らない人はどう思ったのでしょうかね?

|

« 「いーぐる」の「カーラ・ブレイ特集」! | トップページ | 私のオーディオ! »

ラジオ快楽ジャズ通信」カテゴリの記事

コメント

いっきさん、こんばんは。
ひと足お先に「アフターアワーズ編」出演してみました。
オーディオに興味ありそうな人にも、ちょっと刺激を
与えよう〜がテーマでございます。
さてさて、どういう反響があるかが楽しみです。


投稿: tommy | 2008年11月 3日 (月) 00時16分

tommyさん。こんばんは。

「アフターアワーズ編」とても面白かったです。
また新たな企てですね(笑)。
どんどん楽しくなります。
ほんとに反響が楽しみですよね。

投稿: いっき | 2008年11月 3日 (月) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は秋らしく!「高野 雲の快楽ジャス通信」:

« 「いーぐる」の「カーラ・ブレイ特集」! | トップページ | 私のオーディオ! »