« 雲さんのラジオ「快楽ジャズ通信」明日放送! | トップページ | 高野雲の快楽ジャズ通信を聴きました! »

ジャズ・ミーティングがありました。

今日は私的ジャズ・ミーティングがありました。詳細は後ほど。

Dscf0002 Dscf0007








のようなところなどへ行ってきたんですよ。
さてここはいったいどこなのでしょうか?
いや~楽しかったです。

|

« 雲さんのラジオ「快楽ジャズ通信」明日放送! | トップページ | 高野雲の快楽ジャズ通信を聴きました! »

ジャズ歩き」カテゴリの記事

コメント

札幌!
なわけないか(笑)。

いや、なんとなく。

投稿: | 2008年10月 5日 (日) 05時13分

雲さん。こんにちは。

札幌ですか?
きっとそれぞれの人によって見え方が違うのでしょうね。
答えは後ほど。
せっかくの遠景写真が拡大できないですね。設定がおかしいのかバグがあるのかよくわかりません。

投稿: いっき | 2008年10月 5日 (日) 12時27分

いっきさん。お疲れさまでした。楽しかったですね。
あれからオイラは一気に「GITANE」の音源研究まで、行ってしまいました(笑)。
音の違いはオーディオの違いだけではないことを実感しました。マニアックに調査すると怖い研究です。フツーは「やっぱりジャズ喫茶の音はスゴイ」ということになるのでしょうね。ヴィトウスの 「 Emergence」がキレイに鳴っていたので、「カフェ・ズミ」の音は間違いなくイイ音だと思います。しかし、アナログ盤「GITANE」はヘイデンではありませんでした。オイラ、ヘイデンは目指しているベーシスト・アイドルだから、音の質感に敏感なのよね(笑)。

投稿: tommy | 2008年10月 6日 (月) 10時40分

今度、セシル・テイラーの『ソロ』を持っていって聴いてみたいです。
ま、ズミさんの空間なら許されるでしょう(笑)。
日本でレコーディングされたコダワリ録音なのだそうですが、いまひとつ、うちで聴いても「お~!」とまではならないんですよ。
空間のふくらみ感みたいのは分かるけれども、「お~!」とまでにはならないんだよね。

あと、カサンドラと蜂谷真紀(真由美じゃないよ)のヴォーカルが恐ろしくリアルだったので、今度は、ブリジット・フォンテーヌの『ラジオのように』から《私は26歳》をかけてもらおっと。

投稿: | 2008年10月 6日 (月) 15時40分

tommyさん。雲さん。こんばんは。

tommyさんの研究心には負けます(笑)。でもそういう聴き方って面白いですよね。ジャズ・オーディオ・ファンの鑑です。他のブログを見てもtommyさんみたいなことやっている人いませんよね。私もなかなかそこまでやらないですし、だから見ていて凄く面白いです。

ちなみに私もさっそく『ジタン』を聴いてみましたけど、私のオーディオには色気が足りないことがわかりました。多分今のメイン・アンプの素っ気ない音によるものだと思っています。追々対策を考えようと思います。

雲さん。ズミでセシル・テイラーやブリジット・フォンテーヌを聴くってイイと思います。これからは私も吉祥寺に行くときには、寄るようにしようと思っています。見晴らしがイイし、音がイイし、コーヒーが美味いし、マスターはフレンドリーだし、居心地は最高ですよね。

そうそう今聴いたら、ブリジット・フォンテーヌのマラカイ・フェイバースのベースも聴き所ですね。あのベースがズミのオーディオでどのように鳴るのか興味が湧きます。

投稿: いっき | 2008年10月 6日 (月) 20時43分

いっきさん、こんばんは。『ジタン』研究、最後は「いーぐる」で確認してきました(笑)。まぁ、仕事のついでにですが、村井さん、雲さんも交えて、オイラの研究成果を実際に確認して貰いました。みなさん納得でしたが、「いーぐる」のスピーカーは、「ズミ」の音のようにそこまで極端ではありませんでした。恐るべし!いーぐるマジック(笑)。というか、逆に考えると「いーぐる」の音はバランス良くまとめてしまうクセがあるのかもしれません。後藤さんが居なかったのが残念でしたが・・・。

投稿: tommy | 2008年10月 7日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ミーティングがありました。:

« 雲さんのラジオ「快楽ジャズ通信」明日放送! | トップページ | 高野雲の快楽ジャズ通信を聴きました! »