« 今日は渋いねっ!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | Kofu Jazz Street2008!(その3) »

Kofu Jazz Street2008!(その2)

「Kofu Jazz Street2008」のレポートの続きです。

ライブは3ステージが基本(「桜座」の近藤房之助さんは2ステージ)です。1ステージづつ見る場合は3箇所(グループ)した見られません。ステージの途中で抜け出して移動すれば、全部見ることもできますが、1ステージ1時間なのでそれではせわしすぎます。という訳で私は前回書いた川上さとみさんと安富祖貴子さんと小沼ようすけさんを見ました。中にはお気に入りの人だけ3ステージ見る人もいます。

Live12 さて、2箇所目ですが「コットンクラブ」安富祖貴子さんのグループを見ました。安富祖さんのバックを務めるのは大隈寿男(ds)さんと安ヵ川大樹(b)さんと安井さち子(P)さんのトリオです。

このお店には実は今回初めて入りました。去年はここのステージは見なかったのです。中はかなり広いですね。天井も高いし。昔のダンスホールという感じなのかな。ステージは終わっていたのに席は満席に近い感じでした。安富祖さんや安井さんはCDのサインやお客さんとの挨拶に追われていました。安富祖さんは背が低くて堅太り(失礼)でパワフルさがみなぎっていました(笑)。

席の間をすり抜けながら奥の方に空席を見つけました。う~ん、ピアノから一番離れているけどまあいいか。腰を落着けたところでウィスキーの水割りをオーダー、混んでいるので前金払いです。ちなみに「アルフィー」では後払い、ドラフトビールを飲みました。

ステージが始まるのを待っていると、隣に座った初めて会った気のイイお兄さんから話かけられ、このイヴェントのことや甲府の街のことなどで軽く盛り上がりました。実は彼、ステージが始まると、グゥ・・・(笑)。ジャズを聴くと言うよりはお友達何人かとワイワイこのイヴェントを楽しみに来ているようでした。これはこれで凄くイイと思いますよ。

ステージ前半はピアノ・トリオで3曲演奏しました。3ステージのうちの2番目ということで、ベースの安ヵ川さんをフィーチャーしていました。そう言えばオープニング・セレモニーで、1ステージが安井さんの、2ステージが安ヵ川さんの、3ステージが大隈さんのトリオだと言っていたのは、こう言うことだったのですね。

ベースの音がピックアップで拾った音主体だったようでちょっと緩めでした。ベースが前面に出てアルコ(弓弾き)ソロもやったりしました。その分安井さんのピアノ・ソロは短めだったので残念。大隈さんはここでも手堅くリズムを刻んでいましたよ。

Live13 いよいよ安富祖さん登場。安富祖さんはツアーが終了して沖縄に戻っていたらしく、このイヴェントのためにわざわざ甲府に来てくれたらしいです。ありがとう!こっちはすっかり秋ですが、沖縄は12月まで冷房なんだとか。う~ん。沖縄って凄い!(笑) 噂どおりのパワフル&ソウルフルなボーカルで、会場はノリノリでした。

なんでもニーナ・シモンを聴いてジャズを歌っていこうと決めたとか。5曲くらい歌いましたが、私はスローなものより《マイ・フェイバリット・シングス》と《サイド・ワインダー》が気に入りました。こんな曲を歌う人ってあまりいませんよね。それぞれコルトレーンとリー・モーガンの演奏が有名ですが、ドライヴ感溢れる歌唱が気持ち良かったです。大盛況のうちにステージ終了。

最後に見た小沼ようすけさんについては、明日レポートします。

|
|

« 今日は渋いねっ!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | Kofu Jazz Street2008!(その3) »

ライブ」カテゴリの記事

コメント

↓フランク・ゴードンのアルバム
http://www.estacio-records.com/shop/detail.php?seq=9524

投稿: tommy | 2008年10月28日 (火) 02時31分

tommyさん。こんばんは。

レコードのご紹介ありがとうございます。
AACMにいただけのことはありますね。
フリー系のソウルノート・レーベルから出てます(笑)。
このレコードは3管でスピリチュアル系バップかな?
良さそうな感じですね。

投稿: いっき | 2008年10月28日 (火) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/24796563

この記事へのトラックバック一覧です: Kofu Jazz Street2008!(その2):

« 今日は渋いねっ!「高野雲の快楽ジャズ通信」 | トップページ | Kofu Jazz Street2008!(その3) »