« ジャズ喫茶「ジニアス」へ行きました | トップページ | マイルス・クインテット »

祝!20000アクセス!

応援していただいている皆様のおかげをもちまして、本日20000アクセスを超えました!皆様に感謝です!

ブログをやってわかったことは、そう簡単にアクセス数なんて増えるものではないということです。でも少しずつではありますが1日のアクセス数と来訪者が増える傾向にはありまして、おかげさまで本日20000アクセスを突破しました。

これからも特に凄いネタとか、世間一般受けするようなネタとかはないと思いますが、地道にジャズ周辺の四方山事を書いていきますのでよろしくお願い致します。

そう言えば少し前にジャズ界隈で盛り上がった「菊池成孔「いーぐる」掲示板事件」の時には、tommyさんがオーナーを務めるジャズカフェ 「スコット・ラファロ」 への菊地さん出演交渉を巡る話題で、ブログ Tommy's Jazz Caf'e が盛り上がり、1日5000アクセスあったなんていうことも聞きました。

それと比較すると私の20000アクセス達成って、なんてつつましいお祝いなんでしょう(笑)!

事件当時は私のブログにも、ワード検索でそれなりの来訪者数がありました。まだそんなに経っていないのに、もう過去のこととして忘れさられようとしています(笑)。

P162 さて、今日も1枚アルバムを紹介しましょう。『クリフォード・ジョーダン・ミーツ・クラウス・ヴァイス』(1987年rec. JHM Records)です。これは、寺島さん著「新しいJAZZを聴け!」ジャズ批評100号「90年代ジャズ」の中の「寺島靖国&安原顕」対談記事「90年代のジャズは面白い!」を読んで感化された私が始めて手にしたユーロ・ジャズの1枚です。

メンバーは、クリフォード・ジョーダン(ts)、ジョン・シュレーダー(g)、ロバート・ディ・ジオイア(p)、トーマス・スタベナウ(b)、クラウス・ ヴァイス(ds)で、ライヴ録音盤です。これを買った時知っている人はジョーダンだけでした。確かディスクユニオン新宿ジャズ館に初めて行って、店頭のポップを読んで買いました。7年くらい前のことだったと思います。

1曲目《ブルーン・ブギ》は、同じメンバー構成のウェス・モンゴメリーのライヴ盤『フル・ハウス』にも入っている曲ですよね。向こうは名盤ですが、こちらも負けずになかなか快調に演奏しています。まずジョーダンの少々擦れたテナーの音にジャズ心が惹きつけられます。安定したスムーズなフレージングも快適です。

シュレーダーのギターはウェス的な感じもありますが、盛り上がってくるともっとブルージーかつソウルフルでアクが強くなります。この曲ではオクターヴ奏法は使わずにシングル・トーンで通しています。ジオイアのピアノはヨーロッパ・スイング系とでも言いましょうか?あくが少なく心地良いスイング感とメロディアスなフレーズを得意とするタイプです。

《ラッシュ・ライフ》におけるジョーダンのバラード演奏は、別に甘ったるい演奏をしているわけではないですが、胸にグットくるものがあります。年季の入ったマニアにも、やっぱりジャズはいいなあと思わせるものは持っているんじゃないでしょうか。

スタベナウのベースの音は寺島さん言うところのルーファス・リード系ユルフン音ですが、グーンと伸びる音は気持ち良いです。もう一人の主役ヴァイスのドラムもそつのないスイング感で皆をプッシュしています。

今思えば誠に正統派の典型的ユーロ・ジャズなのでした。ジョーダンが入っていることによりブルージーな部分や熱い部分がしっかり確保されたうえで、ヨーロッパの洗練された異国感が程好く混ざっているのです。

これを最初に聴かなくてダメなやつを聴いていたら、ひょっとしたらユーロ・ジャズなんて聴いていなかったかもしれません。最初からある程度レベルが高いのを聴いちゃったのが良かったのか悪かったのか?その後ダメなやつもたくさん聴くことになるのですが、これは良いと思います。

是非聴いてほしいのですが、問題は今これを入手できるのかどうかよくわからないことです。

|

« ジャズ喫茶「ジニアス」へ行きました | トップページ | マイルス・クインテット »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

20000アクセス突破おめでとうございます。
たぶん、次の壁の5万や10万は、案外早く突破されてしまうんじゃないでしょうか?
確実に読者がじわじわと増えていそうなので。

投稿: | 2008年9月23日 (火) 05時07分

2万アクセス突破!おめでとう!!
いや〜すべての事が、遠い昔のことのようです。ヒジョーに平和であります(笑)。
オマケに大掃除していたら、余計な物が大量に見つかって、どうしたらいいのやら(笑)。
スピードを出すには身軽にしなくては!と、思っているんですよ。

クリフォード・ジョーダンもジャズ歴の長〜い人ですよね。そういえば、現在の日本のジャズってヨーロッパのジャズ・ファンにはどのように聴こえるのだろうか?
一時期、日本のフリージャズの人がヨーロッパでウケていたけど、
「ジャポン・ジャズ」なんて呼ばれているのかな?
きっと、「ジャポン・ジャズ」が大好きなマニアがいると思うよ(笑)。

投稿: tommy | 2008年9月23日 (火) 08時17分

雲さん。tommyさん。こんにちは。

どうもありがとうございます。

5万、10万アクセスの壁はなかなか高いと思いますが、
頑張っていきたいと思います。

最近平和ですよね。
余計なものは捨てたほうが良いと思いますが、大量にあるとなると処理が容易じゃないですね。悩ましい!

クリフォード・ジョーダンは細く長くって感じですよね(笑)。
「ジャポン・ジャズ」ありそうですね。
マニアも絶対いますよ。そういう人達のブログもあるはずです。
「ジャポン・ジャズを聴け!」とか言っているのかもしれません(笑)。

投稿: いっき | 2008年9月23日 (火) 10時53分

お久しぶりです。ぴくるすです。
アニキ、20000アクセス達成、おめでとうございます。

微力ながら少しは貢献できたでしょうか?
いつも私は昼休みに携帯サイトから見ているのですが、アニキのブログのおかげでとても充実させてもらっています。ありがとうございます。
専門的なことはわかりませんが、これからも、雰囲気だけでも満喫していこうと思います(笑)期待してますよ、アニキ!!

投稿: ぴくるす | 2008年9月24日 (水) 13時16分

ぴくるす。こんばんは。

いつも応援ありがとう。
まあ少しは貢献できたんじゃないでしょうか。
あとは宣伝してもらうことかな。
今後も暇つぶしに活用して下さい(笑)。
よろしく!

投稿: いっき | 2008年9月24日 (水) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祝!20000アクセス!:

« ジャズ喫茶「ジニアス」へ行きました | トップページ | マイルス・クインテット »