« 追悼ハイラム・ブロック | トップページ | ヴィンテージなデュオ »

ジャズ・カフェ「スコット・ラファロ」を応援したい。

今日の山梨は大荒れでした。夕方に物凄い雨と雷があり停電。全国ニュースにまでなりました。県全域が停電していたとはビックリです。30分も停電したなんて経験は何年ぶりかなあ?信号まで消えたけど近所の交差点にはおまわりさんはいなかったなあ。

停電が解消されたと思ったら今度はBフレッツ&光電話が不通になっちゃいました。故障の問い合わせをしたくても#0120だけだと携帯TELから問い合わせができないのです。まあ問い合わせしたところでどうせつながらないんでしょうけど・・・。電話はライフラインなのにこんなことで良いのでしょうか?不通は1時間に及びました。あ~あ!

さて、

今日はあらためてジャズ友達のtommyさんが経営しているジャズ・カフェ「スコット・ラファロ」について紹介します。場所は沖縄のコザなので、残念ながら私は一度も行ったことはないのですが、いつか沖縄に行きたいと思っています。

お店を開店してからはや3ヶ月、tommyさんのいろいろな企画が功を奏して、地元では注目のお店になっているそうです。凄いと思いませんか?

そこで私のオススメは、お店の開店から今までの出来事が書かれ、今後についても書かれていくであろうブログ:Tommy's Jazz Caf'e です。ジャズ喫茶をやってみたいと思っているあなたは絶対にチェックです。

ちなみにtommyさんは渋谷に生息しています(笑)ので、いろいろなコミュニケーション・ツールや人脈を駆使して沖縄のお店を経営しています。こんなやり方なのでかえって経営手法が良く見えてくるんですよね。

tommyさんの目的は、「スコット・ラファロ」を通してコザにジャズを聴く人を育ててジャズを普及させるということです。私がブログを始めたのは「ジャズの面白さ」を少しでも人に伝えたいと思ったからですが、tommyさんは私のやりたいことをもっと直接的・具体的に実践されています。

だから私はtommyさんと「スコット・ラファロ」を応援したいのです。私のブログを見て下さっている皆さんにも是非応援してほしいなあ~。沖縄で起きていることを他の場所でも起こしてほしいなあ~。

と言ってる私こそが山梨で起こさなければいけないのですが、まあいろいろ事情があるわけで・・・。それはボチボチってことでご勘弁(笑)。

そうそう「スコット・ラファロ」の参謀、ジャスライター高野雲さんの存在を忘れてはいけませんよね。ブログ:高野 雲の「快楽ジャズ通信」 も要チェックです。ジャズに限らず最新の話題満載の楽しいブログです。

もう一つあります。前に私のブログでも紹介しましたが、tommyさんと雲さんが立ち上げるJAZZレーベル「KOZA(コザ)レーベル」も応援していきましょう。よろしくお願いします。はたして初CDはどんなものになるのか?今からワクワク・ドキドキです。

なかにはブログに「ジャズは滅んでいる」とか書いている人がいますが、そう言うことを書くだけでいいのでしょうか? 現状を嘆いているだけではダメですよねっ。私は楽観主義者なのでジャズが滅んでいるなどと思ったことはありません。聴くほうの考え方次第だとも思います。今みたいに自由に多くのジャズが聴けることはこれまでにないのですから。

|

« 追悼ハイラム・ブロック | トップページ | ヴィンテージなデュオ »

ジャズ友」カテゴリの記事

コメント

うっひゃぁ、さっそく、素晴らしい応援、どうもありがとうございますです!

投稿: | 2008年8月 5日 (火) 05時14分

そういえば、山梨は昨晩、停電の家庭も多かったとか。
いっきさん亭は大丈夫でしたか?

ちなみに、
私は、ジャズはこれからだ!と思っています。

誰もが認める「これぞ!」な人や作品が少ないかわりに、
今は将軍家なき天皇家弱体中の群雄割拠状態なのです。

とんがりジャズ、オーソドックスジャズ、混血ジャズ、盆栽ジャズ(笑)、オムニバスジャズなどなど、それぞれの勢力が、それぞれの領地で力を貯えている状態なのです。
だから、旅人や行商人のように、さまざまな領地をめぐり歩く楽しさは、たしかにあります。

もっとも、そのためか、

「お主、四谷の忍びだな!」
「琉球の新興勢力に加担するとは何事ぞ!」
「吉祥寺の紐将軍に色目を使う蝙蝠め!」
「奥州、阿弖流爲の配下・悪路王にも密通してるだろ!?」
「そういや、お主、出羽地方の海坂藩でも見かけたぞ」
「奄美に島流しされた囚人の荷物からカークが出てきたぞ!」

とよく言われますが(嘘です、言われてません)

信長のようなマイルスのようなカリスマは現れないかもしれませんが、いずれ淘汰される分野もあるかもしれないし、恐竜が鳥に姿かたちを変えるたように生き残る分野もあれば、台頭してくる勢力もあるかもしれません。

ごちそうといえばビフテキだ!

な60年70年とは違い(笑)、

今は目の前にたくさんの御馳走が百花繚乱状態で並べられている状態。
どれをチョイスしても、どれをつまみ食いしてもイイという、ほんとめぐまれた時代だと思います。
ソフトもハードも安いし(笑)。
情報も仲間もネットですぐに集まるし(笑)。

ノスタルジックで、「昔はよかった」と言えるほど、私は年寄りでもないし。

ま、楽しい状態だと思ってますよ、今は。(かなり能天気デス)

投稿: 雲 | 2008年8月 5日 (火) 10時43分

いっきさん、ありがとうございます。オイラはジャズはジャズ友だちが多いと、もっと楽しくなると思います。いっきさんもそのひとりです。「ジャズが好きだ」というだけで、いろいろな人と交流が持てます。また自分が知らないジャズも聴く機会が増え、保守的な自分を解放してくれる手助けをしてくれます。アルバムを沢山買うのも悪くないのですが、その前にジャズ友だちを持った方が経済的にもいいことがあります(笑)。ジャズ友だちに「世の中を変えて行こう」という静かな意気込みを感じるのはオイラだけでしょうか?表面上はジャズで包まれていますが、ホントは世の中を、また人生をより良いものにしたいという人たちのだと思っています。「ジャズは元気です」。

投稿: tommy | 2008年8月 5日 (火) 15時17分

いっきさん。タイヘンです〜!(笑)。いーぐるの掲示板に8月16日(土)「納涼持ち寄り大会」のお知らせにに後藤さんが「いっきさんもどうぞ。」って書いてありました。単独ご使命ですよ。こりゃぁ、もう行かない分けにはいきませんよね(笑)。ン〜「ジャズ貢献の輪」は広がっているな〜(笑)。んでもって、またまたいっきさんの1曲選びに力が入るツー構造だな。今日はこれからいーぐる行ってきま〜す。ジャズ喫茶の売上げにも貢献しなくちゃ!

投稿: tommy | 2008年8月 5日 (火) 17時11分

こんばんは。

雲さん。楽しいコメントありがとうございます。

家も30分くらい停電しましたが、大した問題はありませんでした。
私も武田の軍師になる前の山本勘助のように、いろいろな領地を巡っています(笑)。でもいつかこれはと思う国の軍師になるのか?それともこのまま楽しい諸国漫遊を続けるのか?
雲さん、その6行、きっとどこかで言われてますよ(笑)。
なかなか楽しい状態ですよね。そう思います。

tommyさん。ありがとうございます。

ジャズ友は必要ですね~。一時期は自分の周りにジャズを聴く人がいなくて自己完結だったのですが、やっとそのうっぷんを晴らす時がやってきた感じです(笑)。私の場合はそのうっぷんが「~を変えたい」につながっているのかもしれません。人生楽しみたいなあ~。
「いーぐる」掲示板、ビックリ感激です!後藤さんからお呼びがかかったのですから行きます。「ジャズ貢献の輪」イイですね~。曲選び・・・まあ等身大の自分でやることにします。
tommyさん。「いーぐる」で「ジャズ貢献の輪」を広げてきてくださ~い。

投稿: いっき | 2008年8月 5日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・カフェ「スコット・ラファロ」を応援したい。:

« 追悼ハイラム・ブロック | トップページ | ヴィンテージなデュオ »