« tommyさんのお話など | トップページ | レトルト・カレーいろいろ »

「PCMジャズ喫茶」公開収録

今日は、音楽専門・衛星デジタルラジオMUSIC BIRDのジャズ番組「PCMジャズ喫茶」 http://www.musicbird.jp/channels/musicbird/thejazz/regular.html の公開録音の模様をお伝えします。

P51 「PCMジャズ喫茶」は、吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」のマスターにしてエッセイストの寺島靖国さんが、ジャズやオーディオについて言いたい放題する(笑)人気番組です。 公開録音は秋葉原のハイエンドオーディオ専門店「Refino & Anhelo」(スペイン語で「上質」と「憧れ」を意味するらしい・・・ふう~ん)にて行なわれました。

今回、ジャズ・ライター高野雲さんの http://ameblo.jp/jazzy-life/ お誘いによって私も見に行くことができました。雲さんのお友達tommyさんと私が知り合いだったこともありますが、雲さんブログの一読者である私が誘っていただけたことには感謝しています。どうもありがとうございました。

雲さん、tommyさん、私の3人は秋葉原駅を出たあと、小腹が空いたこともあって近くのセルフのそば屋で腹ごしらえしてから会場「Refino & Anhelo」へ入りました。平日の夕方5時半頃にオジサン3人でそばを食べている図もナカナカこっけいです(笑)。

「Refino & Anhelo」に入るとハイエンドオーディ機器があるわあるわ、このお店は巷で話題の相次ぐ食品値上げなんかとは無縁の世界ですな~。なかなかお目にかかれない超高級FMアコースティックのアンプもありました。さらっとひととおり見物してから2階の公開録音会場へ、開場時間から少し遅くなったこともありますが、用意されていた30脚ほどの椅子は既に満席。

「立ち見ですか?2時間・・・」と思いながらボーッと立っていると追加の椅子を持ってきてくれました。「あーよかった。」しかもなかなか良い椅子じゃああ~りませんか(笑)。

お客さんは・・・結構高齢のオジサマ達です。女性も2、3人いたかな?退職されたりして今はオーディオに熱を上げている方々なのではないかと思われます。それは番組中の質問・意見からもわかりました。寺島さんはこういう方達のアイドルなんですよ。きっと!

寺島さんを見るのは、だいぶ前に一度吉祥寺のディスクユニオンでお見かけして以来二度目です。お年の割には若く見え、エッセイに自分でも書いているとおり繊細な方のようにも見えました。

いよいよ番組の始まりです。今回が初めての公開録音とのことで、出だしはちょっと覚めた雰囲気でした。しばらくすると徐々に調子が出てきて例の寺島節で番組が盛り上がっていきました。寺島さんのトークをおもしろくするテクニックはさすがですね。やっぱりこの番組は寺島さんのトークあっての人気なんですよね。

今回の録音は9月放送とのことなので内容の詳細については控えておきます。

番組の途中でどっちのソースが良いかの比較があったのですが、それに対する雲さんとtommyさんの意見には納得するものがありました。それは楽器の距離感に関してのことで、お2人ともベースを弾くんですが、楽器を演奏する人ならではの意見だと思いました。私みたいに全く楽器をやらない人とはやっぱり聴いているところが違うんだなあと関心しました。

そうそうtommyさんはプチ出演していますので放送が楽しみですね。

今回のオーディオについて一言。スピーカーはアバンギャルドの「META PRIMO」(ペア945万円!!)、CDとアンプがESOTERICでした。でもなにか低音がボンついた音だったのです。さらにスピーカーが少々内側に向けられていたので、後ろの端の方はホーン・スピーカーの指向性の影響もあってか高音がシャキッとしなかったようです。

「META PRIMO」については、寺島さんから開演3時間前に鳴らし始めたのでまだ本領は発揮していないとの弁明がありました。「3日後、3ヵ月後、3年後にはもっと良くなります。」と・・・、でも今がこの状態では聴いていても気分が乗らないんだよなあ~。もちろんその時かけたソースの違いや特徴はわかるわけですが・・・。

楽しい公開録音でした。ジャズに対する自分達の好みもあらためてわかったことだし・・・。この後「いーぐる」で「蒐集完了パーティー」をやるのですが、「いーぐる」の店内に入って、「やっぱりこのジャズ・この音ですよね。」と顔を見合わせる3人なのでありました。

|

« tommyさんのお話など | トップページ | レトルト・カレーいろいろ »

寺島靖国のPCMジャズ喫茶」カテゴリの記事

コメント

いっきさんはハイエンド・オーディオも詳しいですねー。いや〜、頼もしい。オイラは全然詳しくありません。んで、次のアンプを考えているのですが、半年前から気になっているネットの記事があります。
http://studer.livedoor.biz/archives/5367557.html
この中のYamaha MVS-1+FLYING MOLE DAD-M100Pro、黒モグラ改造でデジタルアンプに挑戦しようかと・・・すでにYamaha MVS-1は入手済み(笑)。マルチにするかは次のステップ。
新しい音に出会う予感がしているのですが・・・さて結末は?

投稿: tommy | 2008年6月 4日 (水) 16時00分

そう来ましたか(笑)!tommyさん。
パッシブプリ+デジタルアンプ(改)。ネット検索したら、それらのアンプに関するコメントが結構ありましたね。
でも普通はJBLの古いタイプのスピーカーに組合わせようとは思いませんよ(笑)。球アンプからデジタルアンプへ。既成概念にとらわれないところがすばらしい。
きっと新しい音に出会えますよ。好みの音になるかどうかはお楽しみですね。私もその音を聴いてみたいです。

投稿: いっき | 2008年6月 4日 (水) 19時22分

はっはは。アバンギャルドです。系列や既成概念って安心材料でしょう?ダメなら捨ててもいいと思えば、どうでもいいことだよ・・・無駄遣いこそ美学です。でもD130に合うとは思わないな〜(笑)。と言わずにやってから考えます。
思考回路が読まれるのが、一番辛い。こういう人だなって思われるのって苦痛(笑)。どうせ残り少ない人生、アバンギャルドです。ピース。

投稿: tommy | 2008年6月 5日 (木) 03時08分

なるほど。tommyさんがアバンギャルド! だからアバンギャルドのスピーカーはいらない(笑)。
私、まだ安心材料を求めてます。tommyさんみたいになれるかなあ~? とは言うものの私の場合、自分が「メセニー:不思議人」だと思っているので、どちらかと言えば思考回路を読んでほしいかも(笑)。
私のオーディオは停滞していますので、tommyさんに触発されてそろそろ何かやろうかな?とも思います。

投稿: いっき | 2008年6月 5日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PCMジャズ喫茶」公開収録:

« tommyさんのお話など | トップページ | レトルト・カレーいろいろ »