« 「ブルーノート廃盤セール」に行ってきました。 | トップページ | ジャズ喫茶「メグ」 »

阿佐ヶ谷「ゴーゴー・レコード」

東京阿佐ヶ谷の「ゴーゴー・レコード」http://www.gogorec.com/index.htmにも行ってきました。ここは古着まで売っている街のレコードCD屋さんです。オールジャンルの中古盤を売っています。レコードとCDの比率は半々くらいです。

私はジャズ・レコードしかチェックしていないのですが、ジャスの品揃えの感じからいって他のジャンルのレコードもちょっと変わった品揃えになっているような気がします。ここはディスク・ユニオンにはあまり流通しないような日本盤があって面白いです。

P22 新入荷の棚からチェックすると「オスカー・ピターソン+ワン」\1,000がありました。このアルバムはかなり前にCDを購入しましたが、数年前に60年代までのものはレコードを集めることにしたため、しばらく前にモノラルの輸入盤に買い換えました。盤のコンディションがいまいちだたのでちょっと気になっていました。今回のものはステレオの輸入盤でコンディション「A」です。悩んだ末に買うことにしました。このレコードはなぜか日本盤を見たことがありません。 帰ってから聴いてガッカリ。このステレオ盤はバランスの良い柔らかめの音で、モノラル盤の中域重視のガッツある音からは明らかに落ちるのです。残念!

フージョンのレコードも2枚購入。 1枚は後藤さん著「ジャズ・オブ・パラダイス」のパット・メセニーの項にあった「ニュー・シャトークァ」です。メセニーがいろいろなギターとベースを弾いて多重録音したカントリー、フォーク志向のアルバムです。内容からいって新品CDを買おうとは思わなかったのですが(中古CDもまじめに探したことはない)\300のレコードなら良いでしょう。

もう1枚はステップスの「パラドックス」です。こちらはCDを持っていたのですが、ステップス(アヘッド)のアルバムは「スモーキン・イン・ザ・ピット」から「マグネティック」まで他は全てレコードを持っているので、これもレコードで持っていたかったのです。なにせ\500です。いろいろコレクションしていると変な拘りが出てくることがありますよね。困ったものです。

このお店フージョンのレコードはビニール袋に入れずに安く売っていますよ。外観に拘らずに探している人にはオススメです。それからコンディション表記はないので盤を目視してから購入したほうが良いと思います。ちなみに今回私が買った2枚の盤状態は新品同様でした。

他にはチャーリー・パーカーの「”バード”・イズ・フリー」\1,200と阿川泰子の「フィーリン’・オーバー ヤスコ,ラブ-バード」\1,200を買いました。 「”バード”・イズ・フリー」はこれも「ジャズ・オブ・パラダイス」にのっていて探していたものです。ジャケ裏に日本語解説が書いてある古い日本盤で、ディスクユニオンではなかなか見つからないレコードだと思います。このレコードは録音状態がすごく悪いのでマニア向けです。

P23 「フィーリン’・オーバー ヤスコ,ラブ-バード」は、吉祥寺の「BALLROOM RECORD」http://www.ballroomrecord.com/のホームページの在庫リストで、試聴曲『アイ・キャン・フライ」を聴いて気に入ったものです。この曲は昔の荒井由実(松任谷由実)が歌っていそうな感じの曲です。阿川泰子の2作目のアルバムで探していたのですが意外と見つかりません。このアルバム、A面は上記の曲を含むけだるい雰囲気のポップな曲を歌っていて、B面はジャズ・スタンダードをジャジーに歌っています。両方楽しめます。阿川泰子は松任谷由実と同じくその声と歌い方が独特なのでダメな人もいるでしょうね。

お店のホームページに「全品20%OFF」と書いてあったので、レコードもそうなのかと思ったら違ったようです。おかげで「レコードマップ」持参での割り引きをしてもらい損ねました。まっ、いいかっ。  面白いお店なので覗いて見てはいかがですか?

|

« 「ブルーノート廃盤セール」に行ってきました。 | トップページ | ジャズ喫茶「メグ」 »

CD・レコード・ハント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿佐ヶ谷「ゴーゴー・レコード」:

« 「ブルーノート廃盤セール」に行ってきました。 | トップページ | ジャズ喫茶「メグ」 »