« 「いーぐる」の連続講演に行ってきました。 | トップページ | 早坂紗知さんの新譜「パルピタンテ!」 »

清水靖晃問題?

先日の「いーぐる」連続講演「ジャズジャーナリズムの現状を考える」の中で、清水靖晃さんの『JAZZ Live』というアルバムの話題がでました。

このアルバム『JAZZ Live』は1982年にサックスの清水靖晃さん、ピアノの笹路正徳さん等が「JAZZ」というグループ名のカルテットを組んで、アコースティック4ビートジャズをやったアルバムです。後藤さんはこれを「メタ・ジャズ」と呼んで、「いわゆるジャズ」と言われているものを一度カッコにくくってそのうえで自分達に何ができるか考えて演奏していると言っています。その姿勢が「メタ」だということです(後藤さん著「ジャズ・オブ・パラダイス」を参照)。

またこの「メタ」な感覚の浮上が、モダンとポストモダンの「切断面」なのではないかという考察があり、講演の中ではこの「メタ」というものが、「ジャズを上から見ている」という後藤さんと「ジャズを横から見ている」という益子さんの間で議論があり、益子さん優勢?で議論は終わったのですが、なかなか面白い議論でした。

んでっ、私の体験はいかに。

『JAZZ Live』が発売された1982年は、私がジャズを聴き始めて1年たっていない頃です。当時一番のお気に入りはウェザー・リポートとマイルス(復帰直後)で、ジャズの歴史的名盤や新譜を少しづつ買い集めながら、毎週日曜日の夜はNHK FMの番組「ゴールデンジャズフラッシュ」でジャズを勉強する日々でした。スイングジャーナル誌は買わずに大学図書館の談話室にあったのを読んでいました。

その「ゴールデンジャズフラッシュ」で『JAZZ Live』がかかったのでした。当時は確かラジカセでカセットテープに録音しました。懐かしい~若者文化! 聴いた印象は一言で言うと「覚めた感じ」です。スイングしないリズム感にも違和感を覚えたと思います。何か楽しめないので録音したやつもしばらくして消してしまったと思います。当時はその程度でおしまい。 講演で知ったのですが、益子さんも私と似たような体験をしていたようです。 

余談ですが、4年後(1986年)会社に入ったら「新人類」と言われ、今の若者は何を考えているのか分からないと言われました。その年、「新人類」は今で言う「流行語大賞」に入っていたと思います。

それが6年後(1988年)思わぬところで注目することになります。それは後藤さん著「ジャズ・オブ・パラダイス」を買って読んだら、上記の如く書かれていたからです。そうか後藤さんも私と同じ感じで『JAZZ Live』を聴いていたんだ! あれはそれ以前にない新しい感覚だったんだ!っと妙に納得できたのです。だから私にとってこの「切断面」は説得力があり、1年すらジャズを聴いていない私にもわかるくらいのはっきりしたものだったんだと今では思っています。

当時違和感を持ったジャズはその1年前に出たラウンジ・リザーズの『ハーレム・ノクターン』、同年のジェイムズ・ブラッド・ウルマーの『ブラック・ロック』(上手いか下手かで議論)、マテリアルの『メモリー・サーブス』などです。「歴史的に」とかいうと拒絶反応を起こす人がいるでしょうが、まさに歴史的な問題作ばかりで、今ではジャズの話題にほとんど上らないものです。当時の状況は村井康司さん著「ジャズの明日へ」を読むとよくわかります。

私はそれ以前、友達に薦められてパンクロックのセックスピストルズをちょい聴きし、元祖ビジュアル系ロックバンドのジャパンとテクノポップのY.M.Oを好み、学園祭では軽音楽部がやる高中正義の「ブルー・ラグーン」「レディ・トゥ・フライ」を見て憧れたり、という感じでした。それらに飽きてジャズを聴くようになったわけですが、マイルスの復帰といい、今思えばおもしろい時にジャズを聴き始めたものです。ちなみに私は菊地成孔さんと同い年です。

|

« 「いーぐる」の連続講演に行ってきました。 | トップページ | 早坂紗知さんの新譜「パルピタンテ!」 »

「いーぐる」連続講演」カテゴリの記事

コメント

いっきさん。おはようございます。
雲さんがブログランキングにはまって、面白いです。
突然「よし!ブログランキングで1位になる!」って言うから、
何事かと思ったのですが、行動は早かった。
こんなに早く1位になったら、すぐに飽きちゃうよ(笑)。
いっきさんのブログもランキング上がっていますね。
まぁ、いっきさんは「1位になる〜!」なんて思わないないでしょうけど、人間の衝動とは面白い。
・・・雲さんはそんなおバカなところがイイ。

これは雲さんなりの「ジャズジャーナリズムの現状を考える」の行動と思うんですけどね(笑)。

投稿: tommy | 2008年5月20日 (火) 05時29分

tommyさん。こんばんは。

雲さんのブログ、読者の多さとその結束力に驚きました。まさかあれほどはやく1位になるとは思いませんでした。雲さんの情熱が伝わったんでしょうね。雲さんは本当に魅力的な方だと思いますよ。
「ジャズジャーナリズムの現状を考える」とは、まさにその通りだと思います。雲さんにはジャズジャーナリズムをどんどん活性化してほしいです。
私のブログは細く長くやりたいと思っています(笑)。

投稿: いっき | 2008年5月20日 (火) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清水靖晃問題?:

« 「いーぐる」の連続講演に行ってきました。 | トップページ | 早坂紗知さんの新譜「パルピタンテ!」 »