« 甲府のCDショップ「サンリン」 | トップページ | 昨年観た「桜座」ライブから「2007KAIBUTUS LIVE!」 »

ミッシェル・ペトルチアーニの2枚

昨日に続いてミッシェル・ペトルチアーニの2枚を紹介します。普通のピアノ・トリオのアルバムは皆さんご存知でしょうから違うフォーマットのものです。

P30 1枚目は「カンファレンス・ド・プレス Vol.2」(1995年、DREYFUS JAZZ)。ペトルチアーニのピアノとエディ・ルイスのオルガンのデュオです。例の本「ジャズ選曲指南」で知ったものです。あちらで紹介しているのは「デュオ・イン・パリ」という2枚組のdisk2ですが、こちらはバラ売りのVol.2です。

「ジャズ選曲指南」に書いてあったのですが、これを聴くまではピアノとオルガンのデュオって、音がかぶってダメなんじゃないかと思っていました。意外と大丈夫です。その理由も「ジャズ選曲指南」に書いてあるように、クリヤで粒立ちの良いピアノの音と柔らかで粘るオルガンの音が良い対比となり、片方がソロをとる時に役割をわきまえてバッキングをするのでソロの邪魔をしていないからです。全編スインギーなんですが黒人のそれではなく、フランスのエスプリ漂う小粋な演奏です。肩肘張った演奏ではないのでBGM(贅沢な)としても聴ける快適なものですが、筋はきっちり通っています。

P31 2枚目は「ダーン・ザット・ドリーム」(?年、CELLULOID MELODIE DISTRIBUTION)。父アントワーヌ(トニー)のギターと兄ルイのベースとのトリオです。これ下北沢にあった中古レコード店「イエロー・キャブ」で薦められて買ったものです。ジャケットは何とも殺風景です。多分CDになっていないと思います。

ペトルチアーニのピアノはいつもどおりのクッキリ明確な音で、メロディアスなんですが甘さに流されないソロをとります。この人の演奏は本当にハズレがないですね。父のギターはオーソドックスなもので、柔らかい音で優しいソロをとります。兄のベースは裏方に徹しています。親子3人でリラックスして演奏を楽しんでいます。「ユー・ドント・ノー・ホワット・ラブ・イズ」なんかはスローでいい味出してます。夜ウイスキー片手に聴いたりするのに似合う感じのレコードかな。

今日はこんなところでおしまし。

|

« 甲府のCDショップ「サンリン」 | トップページ | 昨年観た「桜座」ライブから「2007KAIBUTUS LIVE!」 »

ジャズ・アルバム紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッシェル・ペトルチアーニの2枚:

« 甲府のCDショップ「サンリン」 | トップページ | 昨年観た「桜座」ライブから「2007KAIBUTUS LIVE!」 »