« チック・コリア「フレンズ」のジャケット | トップページ | 後藤氏「ジャズ選曲指南」はおもしろい »

寺島氏著「新しいJAZZを聴け!」に入れ込んだときも・・・

1988年JAZZ喫茶マスター2人の著書「辛口JAZZノート」(寺島靖国氏)、「ジャズ・オブ・パラダイス」(後藤雅洋氏)を読み凄く共感しました。その後このお2人の著書は私にとってかかせないものとなっています。

P14 今日は寺島氏の著書「新しいJAZZを聴け!」(2001年)について。これが発行されたころ、私は茨城県に住んでいたんですが、「ジャズ批評100号」(1999年)の記事「90年代のジャズは面白い!(寺島靖国&安原顕)」に感化されて、休日に東京へ行ってはディスクユニオンを覗いて新譜輸入盤をぼちぼち購入していました。

そんな折この本が発行されたので、私は凄く共感してこの本に載っているCDを買い漁るようになりました。おりしもディスクユニオンでは、この本に載っているCDのコーナーを設け、CDにシールを貼って、そのシールを集めると寺島氏のコメントが書かれたうちわと扇子がもらえるという企画があり、うちわと扇子をいくつかもらいました。

ピアノ・トリオの魅力も再認識することになりました。それまで全く聴いたことはなかった人なんですが、気に入ったピアノ・トリオのCDを5枚ほど紹介します。ウラジミール・シャフラノフ「ムービン・ボバ」、トニー・パンセラー「キープ・ディス・イン・マインド」、ベン・ベシャコフ「チュー・チュー」、マーカス・シェルビー「UN FAUX PAS!」、マイク・ルドン「トゥー・イーチ・ヒズ・オウン」。この本には他にもたくさん良いCDが紹介されています。P15_3 P16_3 P17_3 

今はピアノ・トリオへの入れ込みはありません。ピアノ・トリオに偏ることなくもっと広くジャズを見るスタンスに立っています。寺島氏の推薦するものは、シンバル・ベースの録音重視、アルバム中1曲良ければ良い、美メロなどといった偏った視点が多々あるので、私は全面的に賛同しかねます。私は一点突出のみというのは苦手で、いろいろな形でバランスを取るようにしています。ジャズに対する考え方については後藤雅洋氏の姿勢に今は共感を持っています。

今日はこんなところでおしまし。

|
|

« チック・コリア「フレンズ」のジャケット | トップページ | 後藤氏「ジャズ選曲指南」はおもしろい »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511944/9586351

この記事へのトラックバック一覧です: 寺島氏著「新しいJAZZを聴け!」に入れ込んだときも・・・:

« チック・コリア「フレンズ」のジャケット | トップページ | 後藤氏「ジャズ選曲指南」はおもしろい »