シュアーV15typeⅢを聴いてみた。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

久しぶりにカートリッジの話題です。
記事にするのがすっかり遅くなってしまったのですが、
昨年とうとうシュアーのV15typeⅢを入手しました。

以前後期MR針のものや日本製の代替針は聴いたことがあるのですが、
普通の楕円針(SUPER-TRACK'PLUS')を聴くのは今回が初めてです。
本体はV15Ⅲ-HE。

P1

どんな音がするのか気になっていました。
再度入手してその良さを再認識していたML120HEと聴き比べることにしました。

P2

いつものようにリー・リトナーのダイレクト・カット・ディスク「オン・ザ・ライン」を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて比較する方法です。ダイレクト・カット・ディスクは同一ロットのプレスなので、一番差が出ると思われるレコード盤の差を最小限にできます。

レコードプレーヤーはDP-2000/Victorアーム/DK-77とJL-B41改(ACサーボモーターに交換)です。レコードプレーヤーが異なると音質比較ができないと思う人がいるでしょうが、いえいえレコードプレーヤーによる音質差はカートリッジの音質差に比べれば些細であって、カートリッジの音質傾向の差は十分わかります。レコードプレーヤーを交換して取り付ければカートリッジの音質の差はそのまま出ます。

レコードはほぼ同じ位置を演奏するようにして、自作フォノイコライザーの2系統入力を切換ながら聴きます。音量差がある場合はボリュームも一緒に操作して同じくらいの音量(中域の楽器の音)に合わせています。曲によって聴きどころが異なるのでA面4曲全て聴きます。

左がV15typeⅢ(本体はV15typeⅢHE)、右がML120HEです。
ML120HEのダイナミック・スタビライザーは使用していません。
針圧はどちらも1g。古くなっても針圧1gで安定トレースするシュアーは凄い!

P3

出力はどちらも同じくらいです。どちらもシュアーらしい音。ただしどこかのサイトに書いてあった(V15typeⅣとの比較)ように、V15typeⅢの方は高域が良く出て、ML120HEの方は低域が良く出るという結果になりました。V15typeⅣとML120HEは振動系が近いので、この傾向は妥当ではないかと思います。これは定かではありませんが、V15typeⅢのカンチレバーの根元にベリリウムの棒が入っているという噂があり、私がこれまで感じてきたベリリウム素材の高域の華やぎがこれなのかもしれないと思ったりしました。

これは好みの問題になりますが、私はML120HEの方が帯域バランスとしては好きです。色気があるとか美音とかではなく、フラットで癖がない音でありながら、元気な部分も内在する音が私の好きなシュアーの音なのです。ちなみ本体云々ではなく針が音を決めているので、シュアー純正針でなければこの音は出ません。

ということで、私は高いお金を払ってまでV15typeⅢを聴きたいとは思えないという結論になりました。

| | コメント (5)

レコードプレーヤーの改造

本年も最終日になってしまいました。
最近は月1回更新するのがやっとという感じになっています。
そんな拙ブログを見てくださっている皆様には感謝です。
来年もよろしくお願い致します。

というわけで年末のご挨拶だけでなくいつものネタ。

つい落札してしまったレコードプレーヤー、オーレックスSR-355がありました。
以前トーンアームがダメなSR-355を落札したことがあるのでこれは2台目です。
今度のものはトーンアームは問題なかったのでどうしようかと思っていました。

P196  

モーターも問題はなかったのですが、
例のモーターはどうも好きになれず。
そこでちょっとお遊びをしてみることにしました。

以前解体してしまったSR-F430から外してとっておいたモーターを
載せ替えることにしたのです。
モーターだけでなく回転制御基板他一式があります。
写真には写っていませんがもちろんプラッターもとってあります。
このACサーボモーターがお気に入りなんですよ。

P197  

電源スイッチやスピード切換スイッチはSR-355のものを利用。
回転数調整用のボリュームは値が異なっていたので交換しました。

P198

最初はモーターをキャビネットの板に取り付けていましたが、
プラッターの位置が低くなってしまうので、
キャビネット上面の鉄板に直接取り付けることにしました。
そのために板の一部を切り取り。

P199

プラッターの高さはスペーサーを入れて調整。
スペーサーだけでは少し低かったのでその後平ワッシャも追加しています。

P200

鉄板には穴を開けてネジどめ。
これでモーターとトーンアームは鉄板でメカニカルショートされます。

P202

上手い具合に収まったと思います。

P201

プラッターが薄いのでキャビネットとの間が広いのですがご愛敬。
脚はビクターのレコードプレーヤーから外したものに交換。

P203

オーディオラックにセットして楽しむことにしました。
十分実用になります。

P204

ということで終了。

良いお年を!

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 SR-525

ご無沙汰しております。
忙しくてブログを更新する気持ちになりませんでした。
今日やっと書く気になりました。
毎度のネタなので新鮮味はありませんがよろしくお願いします。

今回はサンスイのSR-525です。
昔このレコードプレーヤーも欲しかったものの一つです。
最近はナイフエッジのトーンアームが気になっていました。
ということでヤフオクで落札。

回転するけれどストロボランプが点滅して回転が安定しません。

P178  

気になっていたトーンアームは水平回転部分にがたつきがあってがっかり。
垂直回転部分はナイフエッジに乗っかっているだけなので上に外れます。

P179

モーターはこれまでよく見たものとは多少異なっています。

P180

本体はソリッドボードなので剛性は高いほうです。
脚は高さ調整できません。

P181

トーンアーム取付け部はボードをくり抜いてあります。
シールドはしっかりしてあります。

P182

電源とスイッチが入っている部分です。

 P183

モーター取付け部もボードをくり抜いてあります。
下から回転数の微調整ができます。

P184

モーターの下に回転数制御基板が入っていますが、
よく見るタイプとは上下逆向きです。

P185

制御回路は当時のいくつかあるバリエーションのひとつです。

P186

モーターケースがアルミダイキャストではなく鉄板成型なのは
コストダウンなのでしょう。

P187

コイルの形状はQL-5のモーターに似ています。
コイルの巻き方は雑な感じです。

P188

モーター軸は太いので剛性は高いほうだと思います。

P189  

トータルとしてモーターにあまり魅力は感じません。

では回転異常の修理をしましょう。
最初は回転調整ボリュームの接触不良かと思いましたがそうではなく、
ストロボランプの点滅はコンデンサ不良かと思いまししたがそうではなく、
結局は回転切り替えスイッチと連動する電源用マイクロスイッチの接触不良でした。
マイクロスイッチの不良はこれまでも何度かありました。

P190 

幸い他のレコードプレーヤーを解体した時に取っておいたマイクロスイッチがあるので、
それと交換することにしました。
スイッチを取り外すためにはかなりばらす必要があります。

P191

ここまで外さないとスイッチ取付けネジにたどり着けません。

P192

故障したスイッチがこれ。
取付け位置によって左右異なる形状があるので注意が必要です。

P193

スイッチを交換して元通りに取り付けました。
これでストロボランプは点滅しなくなり回転も安定しました。

P194

トーンアームのがたつきはありますが問題なく聴けます。
モーターのトルク不足なのか、回転数が安定するまでに時間がかります。

P195

シンプルなデザインは好きなのですが、
トーンアームのがたつきとモーターのトルク不足が不満。
このレコードプレーヤーはヤフオクであまり人気がないのでハードオフへ。
取説付きでしたけれど安値で買い取られました。

最近ハードオフではレコードプレーヤーが売れ残っているので、
持って行ってもあまり良い顔はされません。
地方では第何次かのアナログブームなんてかなり前に終了しています。

| | コメント (0)

久しぶりにアンプを交換

レコードプレーヤーにもいい加減飽きつつあるので、
たまにはアンプでも落札してみました。
前から気になっていたダイヤトーンのDA-U680Sです。
送料が2500円と高かったこともありますが、
電源ランプ点灯しましたというのがまさかの130円也(笑)!!

P169

外観は比較的きれいになものでした。
早速中身の確認です。
なかなか充実していると思います。

P170

パワーアンプ部はDCアンプです。
左側がプリアンプ部などの定電圧電源回路。
パワーアンプ回路の真ん中がスピーカー保護回路になっています。

P171

私が気になっていたのは電源トランス。
このクラスとしては大きいものです。

P172

パワートランジスタはモールドタイプでパラプッシュプル構成。
トランジスタの固定方法が特殊で、
コの字アングルでヒートシンクに押しつけています。

P173

裏返すとプリアンプとフォノイコライザーが取り付けられています。
背中合わせのパワーアンプ部との間には鉄板がありシールドになっています。
こちらも手抜はない構成だと思います。

P174

プリアンプ部もこのクラスとしては十分でしょう。

P175  

フォノイコライザーはヘッドアンプ付き。
ヘッドアンプは写真奥にあるトランジスタ2個の簡易なもの。

P176

プリアンプ部は使わないので、音質などは未確認。

電源を入れると音が出ません。
出力保護リレーが動作しませんでした。
パワーアンプのオフセット電圧は0Vに近いので保護回路の故障でしょう。

故障していそうなトランジスタは汎用品ではないので入手は困難でしょう。
たまたま手元にあったトランジスタがオーバースペックではありますが、
使えそうなことが分かり交換してみました。

リレーが動作するようになりましたがリレーは毎度の接触不良。
私はリレーをばらして接点を磨くのは邪道だと思っているので新品に交換。
「共立エレショップ」の通販でプリント基板用端子のリレーが買えます。

P177

無事音が出るようになりました。
出力オフセット電圧、パワートランジスタのアイドリング電流、
共に調整はしやすく安定しています。

私はパワーアンプとして使用。
使用していたオンキョーのインテグラA7より中高音が鮮やかなので、
こちらのアンプに交換することにしました。

P169

A7同様このアンプもトグルスイッチがなくプッシュスイッチのみ。
パワーインジケータが特徴の個性的なデザインが気に入りました。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 PS-X50

今回はSONYのPS-X50です。
前から一度は触ってみたかったレコードプレーヤーです。
このゴツイ形状のトーンアームがカッコイイからです。
途中からマニュアル機をほとんど作らなかったSONY。
これもオートリターン機能付きです。
ハードオフのジャンク品を年始割引で買ったものです。
その後事情があって放置してやっと今記事にしました。

SONYお得意の硬質樹脂(SBMC)のキャビネット。
やわなプラスチックとは違います。
写真では分かりにくいのですが実物は意外と高級感があります。

P157

底板は普通のプラスチック。
脚は本体に取り付けるので、底板の強度はあまり必要なし。

P158

内部はオートリターン機にしては比較的スッキリしています。

P159

さすがはSONY!
カスタムICを作っているので、
クォーツロック(クリスタルロック)でもこの簡素なモーター制御基板。
DENONのトランジスタどっさりとは大きな違いです。
トーンアーム制御回路もこの基板上にあります。

P160

レコードエンドの検出は光学式(ルミナスセンサー)。
トーンアームの駆動力はターンテーブルモーターから得るメカ式。
とは言え比較的コンパクトなメカだと思います。

P161

モーターは扁平のリニアスロットレスモーター。
扁平モーターですが皿のような容器に入っているので、
鉄板1枚のものよりは強度があります。

P162  

ターンテーブルを外すとマグネディスクサーボ用の磁気ヘッドがあります。
モーター上部を覆うカバーの下にはトーンアーム駆動メカがあります。

P163

トーンアーム制御は電子式なので、
オートリターンを開始するためにギヤを嚙合わせるソレノイドもあります。
モーターの中身が見たかったのですが、
このメカをばらすと組立がめんどうそうなのであきらめました。

P164

プラッターはBSLモーターの割には外周部が厚く慣性質量もあります。
厚みを持たせたのはストロボパターンのためかも。
回転数は調整できないのでストロボパターンは不要ですが、
クォーツロック以前の名残でしょうね。
次のモデルチェンジで無くなったはずです。

P165

トーンアーム付け根のカバーを開けて中を見てみました。
ロングスパンのしっかりした垂直軸受けです。

P166

トーンアームの高さを変えるリング部分にヒビが入っているので、
ジャンク品ということでした。
トーンアームは何とか固定できるので使用は可能です。

P167

特にメンテしなくてもモーターの回転は問題なく、
オートリターン機能も問題なく動きました。
メカニカルでスクエアなデザインは意外と悪くありません。
私はむしろ好きなくらいです。

P168

実は以前試聴した時に音が歪むので放置していたのですが、
もう一度確認しようとして見たら針圧が間違っていました。
適正針圧にしたら特に問題なく音が出ます。
オートリターン機能付きは便利なので常用機の1台として
手元に残してあります。

高さ調整リングがひび割れていないものを入手したいです。
フルオートの上位機PS-X60もありますが、
私はオートリターンがあれば十分なのでこれがお気に入り。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 PS-3700

お久しぶりです。
ブログ更新がすっかり億劫になってしまった今日この頃。

代り映えしないネタで申し訳ありませんが今回もレコードプレーヤー探訪。
SONYのPS-3700です。
以前入手したSONYのPS-3750のモーター辺りから高周波の異音がすると
ブログに書きました。
それが経年劣化で起こりやすいのかず~っと気になっていたのです。

同じレコードプレーヤーを入手するのは面白くないので、
同じモーターを搭載しているPS-3700を入手しました。
大昔、このレコードプレーヤーは街でよく見かけたので、
一度は触ってみたいというのもありました。

ヤフオクでジャンク品¥1,000也。
ヘッドシェルと針折れカートリッジを売れば本体分+αくらいにはなりそうです。
時々見かける保護シートを剥がすのを途中であきらめたもの。
ダストカバーの後方に欠けがあり断片はついてきました。
ひょっとしたら輸送中に欠けたのかも?

P146

保護シートはエタノールなどを隙間に染み込ませながら引っ張れば楽に剥がせます。
汚れは毎度のタバコヤニで、大きな傷はありませんでした。
写真は一通り清掃した後のものです。

P147

オートリターン機能付きですので、モーターにはメカ駆動用のギヤがあり。
このギヤを外すのがめんどうなので、モーターの中身までは見ていません。

P148

裏返すと脚はしっかりしたものだと分かります。
脚をよけて底板が付いています。

P149

オートリターンのメカがある割にはすっきりした内部。
メカ一式が鉄板に取り付けられているので強度的にはなかなか。
こうしておかないとキャビネットのゆがみでメカが動作しなくなるのでしょう。
周囲の板厚もこれで十分でしょう。

P150

オートリターンのメカはこれだけで比較的コンパクト。
メカは少々動きが渋かったのでCRC 5-56を一吹きして潤滑。
スムーズに動くようになりました。

P151

モーター制御回路も比較的コンパクトになっています。

P152

この部分が固着していたせいで途中カットができませんでした。
ここもCRC 5-56を一吹きして固着を解消。

P153

プラッターはベルトドライブ用と併用もしくは再利用で、
ベルトをかける部分に速度検出の磁性体が塗ってあります。
外周部分が少し厚めなのはベルトドライブ用の名残か?
だってこのモーターは慣性モーメントに頼らず滑らかに回転しますから。

P154

御覧のとおり保護シートは剥がせて、
ダストカバーの欠けた部分は接着剤でくっ付きました。

P156  

問題の異音は全くしませんでした。
経年劣化の度合いにもよるのでしょうが
必ずしも異音がするわけではないようです。
特にメンテナンスはしていませんがモーターは安定して回転。

P155

最初出力コードは導通しているのに音が出なくて少々戸惑いました。
要は導通を確認したテスター棒の先端は接触したけれど、
接触面積が広いコネクタでは導通しないと判明し、
コネクタの酸化膜をカッターでカリカリ落として事なきを得ました。

結果問題なく聴けてオートリターンの動作も問題なし。
普通に音楽を楽しむならば十分なレコードプレーヤーです。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 XL-1550

お久しぶりです。生きています(笑)。

ネタは相変わらずです。
前から欲しかったパイオニアのXL-1550をヤフオクで落札しました。
音が鳴らないのとダストカバーがないことで競合者なしの¥1,000。
音が鳴らないのは出力ケーブルの断線で容易に修理可能と判断。
ダストカバーは廃棄したPL-1250から外したものがあります。

届いたものは回転は正常でしたがストロボランプが点滅していました。
出力ケーブルは導通があるので音が鳴らないというのは?
写真は軽く掃除した後のもので、掃除の時にアームリフターのバーを折ってしまいました。

P132

底板はプラスチックになり、PL-1250と比べるとコストダウンされた感じ。

P133

キャビネットは厚みがそこそこある板でしっかり作られています。

P134

トーンアーム下部は6mm厚の鉄板がスタビライザーとして取付てあります。
同じものはPL-1250にもありました(途中仕様変更があったのかこれがないバージョンもあり)。
ゴッキュウパのクオーツロックレコードプレーヤーとしてはコスト度外視でしょう。

P135

モーターはアルミケースに入った堅牢なものです。

P136

回転数制御回路がシールドケースに入っているという丁寧な作り。
クオーツロック初期なので、高周波ノイズが外に出るのを嫌ったのでしょう。

P137

既にIC化が進みモータードライブもIC(ヒートシンク付き)で行っています。
当時のパイオニアはモーター制御に関して他社より進んでいたようです。

P138

電源基板の一番手前にある電解コンデンサーが液漏れを起こしていて、
このためストロボランプが点滅していました。
電解コンデンサーに半田くずが付着しているのが気になるところです。
素人が修理した経歴があるのかも?
この電解コンデンサーの規格がDP-2000と同じなので、
DP-2000を修理した時に買っておいた新品に交換して修理完了。

P139

モーターの内部を確認すると、それまでの各社使用OEM品と異なり独自のものになっています。
これはステーターがPL-380などと共通の構造でクオーツロック時代初期の主力モーター。
私はこのモーターが好きです。

P140

極性の切り替えはモーター根元に3個ある赤いホール素子で行っています。
古いオイルは拭き取って、テクニクスモーター用のオイルを再注油。

P141

音が鳴らないということだったので、出力ケーブルの接続を確認しました。
アース処理が一般的なものと異なっていて、
トーンアーム系のアースは右チャンネルのマイナスに接続し、
モーター系のアースは出力ケーブルのアース線に接続していました。

P142

これで特に問題はないのですが、一般的なアース処理に変えました。
トーンアーム・モーター系のアースを出力ケーブルのアース線にまとめて接続。

P143

プラッターは外径が大きめで慣性質量も大きめのもの。
リブが太くしっかりしたものです。

P144

このレコードプレーヤーのメカニカルなデザインが好きなので、
JL-B41改に変えてこれをオーディオラックに据え付けました。
折れたアームリフターのバーは無事接着修理できました。

P145

回転数制御は加速/減速の両方向サーボなのに電子ブレーキはありません。
なのでOFFしてもプラッターは回転し続けます。
磁極があるDCモーターにしては30秒くらい停止しないので優秀だと思います。
トーンアームにがたつきもなく安心して使えます。
優れたレコードプレーヤーだと思います。

| | コメント (0)

«レコードプレーヤー探訪 DP-50L