レコードプレーヤー探訪 QL-F5

使う気にはなれなかったけれど、実態調査は行っていた物が続きます。
ビクターのQL-F5、付いていたカートリッジか何かが欲しくて落札したとジャンク。
全体的に状態は悪く、回転はロックがかかったりかからなかったりでした。

P35

これはオイルダンプトーンアームが売り。
ビクターの上位機種は電子制御アームを搭載してダンピング(Q)を制御したいたので、
お金をかけられない下位機種にもというのがこのオイルダンプだろうと思います。

P36

ハイコンプライアンスMM型カートリッジ全盛の末期、
トーンアームの共振周波数Qが下がってトレースが不安定になるのを防ぐのがこの機能。
しかしこのクラスのレコードプレーヤーを使う人は、
そんなハイコンプライアンスの高価なカートリッジを使うとは思えず、
人寄せのギミックだと私は思う次第です。
メーカーの人もも分かっていただろうけれど売るためにはね~。
差別化が必要です!

筐体は薄いプラスチックで強度はありません。

P37

脚は底板に直付けで高さ調整不可。

P38

テクニクスの下位機種にも見られた厚くて重めの底板です。
これに関しては評価できるところもあるけれど、
カタログの重量を重く(筐体はしっかりしているように)見せるための
偽装という見方もできます。
筐体と底板の違い → 複合素材、物は言いようです(笑)。

P39

再度言いますが、筐体は薄いプラスチック。
複雑なフルオートメカです。

P40

回転制御はIC3個にトランジスタ1個。
日本の半導体開発は当時絶好調!
ある程度数もさばけたので、設計費はかかっても、
組み立て費(人件費)を減らせるカスタムIC化の方がメリットはあったのでしょう。
モーターと制御回路は一体型(配線不要)で製造コストは相当安いでしょう。
信頼性向上と言うけれど・・・。

P41

電源トランスは筐体に直付けで防振対策なし。

P42

このメカを組み立てるだけでも相当な工数。
ここに費用がかかるので、廉価品では他が疎かになってしまうのです。

P43

モーターは製造コストが安い扁平型。
コアレス、スロットレスでトルク変動が少ないから採用というけれど、
安く作れるということの方が重要だろうというのは明白。
オート機能の駆動力を得るギヤを取り付けるためには、
軸受け部の強度を多少犠牲にせざるを得ないという選択。

P44

ダブルサーボのクォーツロックなので、
プラッターの外周を厚くして慣性質量を稼ぐようなことはしていません。
アルミの量は減らせるし、強度低めのモーターとキャビネットへの負担も減るし、
安く作るための努力は惜しみません(笑)。

P45

音質に拘るのではなく、ギミックで物を売る。
オーディオ機器にも色々な方向性があるのです。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 HT-352

Lo-Dの廉価品HT-352を紹介します。
確かユニトルクモーターが見たくて、
ハードオフのジャンク品を買ったと思います。
かなり前のことなので忘れました。
ちょっとお粗末だったので既に廃棄済みです。

ここのところ安物が続いていますが、
そういう物の作り方を見るのも面白いかなっと?

外観はそれなりに安っぽく(笑)。

P21

まあこんなものでしょう。

P22

オートリターンの動力はモーターから取っています。

P23

底板が厚紙です!!

P24

厚紙に脚を取り付けていて強度など考慮していません。
まあ脚のところはキャピネットの柱で受けるようにはなっていますけど。

P25

キャビネットもペラペラのプラスチック。
こういうところを削ってまでオートリターンにお金をかけるという。

P26

メカは強度がないと故障の原因となるので薄い鉄板に取付。

P27

ユニトルクモーターの制御回路。

P28

電源トランスは小型で、一応ゴムを介して固定。

P29

いかにもひ弱なモーター。
ベースの鉄板は薄く、軸受けはプラスチックのキャップ。

P30

扁平モーター共通の周波数発生パターン基盤と一体です。

P31

磁石も薄くトルクはあまりないことが分かります。
コイルも超薄く、こんなのでプラッターを回せるの?という感じ。

P32

軸受けも細く短め。

P33

その後HT-400、HT-500を入手して分かりましたが、
ユニトルクモーターもピンからキリまで色々あるようです。

プラッターはもちろん軽量。
ユニトルク(一定トルク)なので、
外周を厚くして慣性質量を稼ぐようなことはしていません。
外周が厚く見えますが、渕の平たい部分(デザイン)です。

P34

当時の一家に1台(ステイタスとして持つ)オーディオの廉価品なので、
音質よりは使い勝手優先ということになります。
レコードの音質ではなく入っている音楽を容易に聴ければ良い人用。
ちなみに当時のオーディオは部屋のインテリアと化していた例が多々あり(笑)。

今不便でもレコードを聴こうという人は音質を意識するでしょうから、
上記の意図で作られた物を買うことにはならないはずです。
一つ前に紹介したSL-26も同種のレコードプレーヤーです。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 SL-26

以前ダストカバーがほしくて落札したテクニクスのSL-26を紹介。
本体は既にガレキとして処分済み。

P10_20200411123201

FGサーボモーターのベルトドライブです。
オートリターン機能があります。

P11

スイッチ類取付部と一体化した薄でのプラスチック製ベースに
トーンアームが取り付けてあり強度不足。
トーンアームは感度云々と言うレベルのものではありません。
何でモーターがカートリッジのトレース側にあるのか?
モーターはノイズ源なので反対側にあるのが普通なのだけれど?

P12

底板は薄いプラスチックで脚は申し訳程度。

P13

リブは入っていますが強度は低いです。
低コストがこういうところに出ます。

P14

キャビネットの側板は飾り程度。
補強付き一枚板キャビネットと言っても良いでしょう。

P15

オートリターンメカは音質が云々される以前のもの。
強度を得るためメカ部は薄い鉄板に取り付けられています。
音質のためではなく故障しにくくするためです。

P16

トーンアームにオートリターンメカがつながっているので、
水平方向の動きの負荷になります。

P17

電源トランスは直付け、防振ゴムで浮かしていません。

P18

華奢なキャビネットです。

P19

モータートルクが小さいのでプラッターは軽量。

P20

廉価品の物作りがよく分かります。
価格なりの出来ではありますが、
ある程度レコードの音質を気にする人にはお勧めしません。

他メーカーの廉価品には、
便利なオート機能は付いているけれど、
薄いプラスチックキャビネットに
紙製底板何てシロモノもあるので、
それらよりは良いと思います。

| | コメント (0)

また入手してしまいました。

これでもう4台目だったか?
DP-2000をまた入手してしまいました。
落札したのはヤフオクで時々見かけるトーンアームだけ外したDP-2500です。
何と21円でした!(笑) 送料を入れても2000円以下。

お掃除したら外観はきれいになりました。
DENONのレコードプレーヤーの脚はゴムが劣化しやすく、
今回も使い物にならないものでした。
ダストカバーには溶けたような傷がありかなり目立つレベル。
キャビネットはそこそこの状態。

肝心のDP-2000は33回転、45回転共に回転するけれどロックしない状態で、
初のケースで33回転にするとストロボランプが点かない症状がありました。

P4  

DP-2000にはいくつかバージョンがあるようで、
今回はスイッチが切片になっている(多分)初期型。
後期型はこのスイッチがマイクロスイッチになっています。
ほかに基板のシルク表示と違う部品がついていたり、
基板の裏に部品が追加されていたりするので最初期型の可能性があります。

P5

回転がロックしないのはいつもの症状なので、
例のトランジスタを全数交換しました。
ストロボランプが点灯する45回転はロックするようになりましたが、
相変わらず33回転はストロボが点灯せず回転もおかしい感じです。

ストロボランプを点灯させる回路をたどってどこで信号が途切れるのか確認。
信号がパルス状なのでオシロスコープを使う羽目になりました。
どうやらパルス周波数を切り替えるICが壊れているらしいことが分かりました。
写真一番右のICで三菱製M57273Pがそれです。
型式が特殊なのでネット検索したら、
TTL ICの7473(JK型フリップフロップ2個)と同等。

P6  

さて入手可能なのか?
若松通商の通販サイトをみたら同等のM74LS73APがありました。
まだ入手可能というのはありがたい!
届いてみて分かったのですがこれも三菱製です。
昔は三菱もTTL ICを生産していたんですね~。

P7

交換するまでTTL ICが壊れるのか疑っていたのですが、
見事に治りました。

ストロボランプがかすかに点滅するので、
電源リップルを抑える電解コンデンサーも交換しました。
写真中央がそれです。

P8

ということで修理は終了。
最後に33回転、45回転のロックを調整するボリュームを再調整しました。
DP-2000は両方向サーボで、電子ブレーキもありますが、
電子ブレーキの効きが少し悪いようです(とは言っても1回転以内で停止)。
減速方向のサーボが弱いのでしょう。
この程度では私の耳には何も感知できません。

修理後しばらくヤフオクをウォッチ。
お気に入りのビクタートーンアームを比較的安く入手したので組付けました。
オーディオラックにセッティング
う~ん、やっぱりこの組み合わせはいいね~っ!

P9

脚は以前入手しておいたトリオレコードプレーヤーのものに交換。
ダストカバーはDP-790から外したものに交換。
21円レコードプレーヤー再生完了!

| | コメント (0)

シュアーV15typeⅢを聴いてみた。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

久しぶりにカートリッジの話題です。
記事にするのがすっかり遅くなってしまったのですが、
昨年とうとうシュアーのV15typeⅢを入手しました。

以前後期MR針のものや日本製の代替針は聴いたことがあるのですが、
普通の楕円針(SUPER-TRACK'PLUS')を聴くのは今回が初めてです。
本体はV15Ⅲ-HE。

P1

どんな音がするのか気になっていました。
再度入手してその良さを再認識していたML120HEと聴き比べることにしました。

P2

いつものようにリー・リトナーのダイレクト・カット・ディスク「オン・ザ・ライン」を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて比較する方法です。ダイレクト・カット・ディスクは同一ロットのプレスなので、一番差が出ると思われるレコード盤の差を最小限にできます。

レコードプレーヤーはDP-2000/Victorアーム/DK-77とJL-B41改(ACサーボモーターに交換)です。レコードプレーヤーが異なると音質比較ができないと思う人がいるでしょうが、いえいえレコードプレーヤーによる音質差はカートリッジの音質差に比べれば些細であって、カートリッジの音質傾向の差は十分わかります。レコードプレーヤーを交換して取り付ければカートリッジの音質の差はそのまま出ます。

レコードはほぼ同じ位置を演奏するようにして、自作フォノイコライザーの2系統入力を切換ながら聴きます。音量差がある場合はボリュームも一緒に操作して同じくらいの音量(中域の楽器の音)に合わせています。曲によって聴きどころが異なるのでA面4曲全て聴きます。

左がV15typeⅢ(本体はV15typeⅢHE)、右がML120HEです。
ML120HEのダイナミック・スタビライザーは使用していません。
針圧はどちらも1g。古くなっても針圧1gで安定トレースするシュアーは凄い!

P3

出力はどちらも同じくらいです。どちらもシュアーらしい音。ただしどこかのサイトに書いてあった(V15typeⅣとの比較)ように、V15typeⅢの方は高域が良く出て、ML120HEの方は低域が良く出るという結果になりました。V15typeⅣとML120HEは振動系が近いので、この傾向は妥当ではないかと思います。これは定かではありませんが、V15typeⅢのカンチレバーの根元にベリリウムの棒が入っているという噂があり、私がこれまで感じてきたベリリウム素材の高域の華やぎがこれなのかもしれないと思ったりしました。

これは好みの問題になりますが、私はML120HEの方が帯域バランスとしては好きです。色気があるとか美音とかではなく、フラットで癖がない音でありながら、元気な部分も内在する音が私の好きなシュアーの音なのです。ちなみ本体云々ではなく針が音を決めているので、シュアー純正針でなければこの音は出ません。

ということで、私は高いお金を払ってまでV15typeⅢを聴きたいとは思えないという結論になりました。

| | コメント (5)

レコードプレーヤーの改造

本年も最終日になってしまいました。
最近は月1回更新するのがやっとという感じになっています。
そんな拙ブログを見てくださっている皆様には感謝です。
来年もよろしくお願い致します。

というわけで年末のご挨拶だけでなくいつものネタ。

つい落札してしまったレコードプレーヤー、オーレックスSR-355がありました。
以前トーンアームがダメなSR-355を落札したことがあるのでこれは2台目です。
今度のものはトーンアームは問題なかったのでどうしようかと思っていました。

P196  

モーターも問題はなかったのですが、
例のモーターはどうも好きになれず。
そこでちょっとお遊びをしてみることにしました。

以前解体してしまったSR-F430から外してとっておいたモーターを
載せ替えることにしたのです。
モーターだけでなく回転制御基板他一式があります。
写真には写っていませんがもちろんプラッターもとってあります。
このACサーボモーターがお気に入りなんですよ。

P197  

電源スイッチやスピード切換スイッチはSR-355のものを利用。
回転数調整用のボリュームは値が異なっていたので交換しました。

P198

最初はモーターをキャビネットの板に取り付けていましたが、
プラッターの位置が低くなってしまうので、
キャビネット上面の鉄板に直接取り付けることにしました。
そのために板の一部を切り取り。

P199

プラッターの高さはスペーサーを入れて調整。
スペーサーだけでは少し低かったのでその後平ワッシャも追加しています。

P200

鉄板には穴を開けてネジどめ。
これでモーターとトーンアームは鉄板でメカニカルショートされます。

P202

上手い具合に収まったと思います。

P201

プラッターが薄いのでキャビネットとの間が広いのですがご愛敬。
脚はビクターのレコードプレーヤーから外したものに交換。

P203

オーディオラックにセットして楽しむことにしました。
十分実用になります。

P204

ということで終了。

良いお年を!

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 SR-525

ご無沙汰しております。
忙しくてブログを更新する気持ちになりませんでした。
今日やっと書く気になりました。
毎度のネタなので新鮮味はありませんがよろしくお願いします。

今回はサンスイのSR-525です。
昔このレコードプレーヤーも欲しかったものの一つです。
最近はナイフエッジのトーンアームが気になっていました。
ということでヤフオクで落札。

回転するけれどストロボランプが点滅して回転が安定しません。

P178  

気になっていたトーンアームは水平回転部分にがたつきがあってがっかり。
垂直回転部分はナイフエッジに乗っかっているだけなので上に外れます。

P179

モーターはこれまでよく見たものとは多少異なっています。

P180

本体はソリッドボードなので剛性は高いほうです。
脚は高さ調整できません。

P181

トーンアーム取付け部はボードをくり抜いてあります。
シールドはしっかりしてあります。

P182

電源とスイッチが入っている部分です。

 P183

モーター取付け部もボードをくり抜いてあります。
下から回転数の微調整ができます。

P184

モーターの下に回転数制御基板が入っていますが、
よく見るタイプとは上下逆向きです。

P185

制御回路は当時のいくつかあるバリエーションのひとつです。

P186

モーターケースがアルミダイキャストではなく鉄板成型なのは
コストダウンなのでしょう。

P187

コイルの形状はQL-5のモーターに似ています。
コイルの巻き方は雑な感じです。

P188

モーター軸は太いので剛性は高いほうだと思います。

P189  

トータルとしてモーターにあまり魅力は感じません。

では回転異常の修理をしましょう。
最初は回転調整ボリュームの接触不良かと思いましたがそうではなく、
ストロボランプの点滅はコンデンサ不良かと思いまししたがそうではなく、
結局は回転切り替えスイッチと連動する電源用マイクロスイッチの接触不良でした。
マイクロスイッチの不良はこれまでも何度かありました。

P190 

幸い他のレコードプレーヤーを解体した時に取っておいたマイクロスイッチがあるので、
それと交換することにしました。
スイッチを取り外すためにはかなりばらす必要があります。

P191

ここまで外さないとスイッチ取付けネジにたどり着けません。

P192

故障したスイッチがこれ。
取付け位置によって左右異なる形状があるので注意が必要です。

P193

スイッチを交換して元通りに取り付けました。
これでストロボランプは点滅しなくなり回転も安定しました。

P194

トーンアームのがたつきはありますが問題なく聴けます。
モーターのトルク不足なのか、回転数が安定するまでに時間がかります。

P195

シンプルなデザインは好きなのですが、
トーンアームのがたつきとモーターのトルク不足が不満。
このレコードプレーヤーはヤフオクであまり人気がないのでハードオフへ。
取説付きでしたけれど安値で買い取られました。

最近ハードオフではレコードプレーヤーが売れ残っているので、
持って行ってもあまり良い顔はされません。
地方では第何次かのアナログブームなんてかなり前に終了しています。

| | コメント (0)

«久しぶりにアンプを交換