以前から気になっていたレコードプレーヤー

以前から気になっていたレコードプレーヤーがあります。
ビクターのJL-B41Ⅱです。
モーター部分はJL-B41と共通でトーンアームだけが
ニュー・ジンバル・サポート方式になっている(と思っていた)もの。
私はこの方式のトーンアームにベタ惚れなので使ってみたかったのです。
最近入手したJL-B31が好印象だったのでなおさら使ってみたくなりました。

JL-B31で気に入ったのはそのモーターです。
ACサーボモーターの滑らかな回転に惚れました。
で、JL-B41Ⅱを入手してモーター部分をJL-B31のものに変えてしまおうかと、
頭の中には妄想が浮かんでいました。

早速行動に移しました。
ヤフオクで(私にとっては)少々高いけれどそこそこのものを入手。
針折れですがシュアーのカートリッジ付きだったので、
これをリサイクルすれば落札価格ぐらいにはなるかも?
さていきなりこの写真からですが、アレッ?!と思ったのです。

P57

そうなんですよ底板を開けてビックリ。
モーター部分はJL-B31と同じACサーボモーターだったのです。
左がJL-B31で右が今回のJL-B41Ⅱ。

P58

トーンアームの長さが異なるので幅と奥行きは異なり、
それに合わせて若干補強なども入っていますが、
モーター部分は制御回路も含めほぼ同じものです。
おかげでモーターを乗せ換える手間が省けました。
JL-B41はDCサーボモーターだったけれど仕様変更したようです。

さてここでもう一つのことに気付きました。
以前入手したJL-B61(ターンテーブルTT-61)の写真を見て分かったのです。
そうなんですよ。TT-61も同じACサーボモーターなのです。
左がJL-B41Ⅱで右がTT-61。

P59

TT-61はスイッチの構成が異なるのでそれ用の基板が1枚追加されていますが、
モーターと回転制御回路の基板はほぼ同じです。
ちなみにモーター部分を上から見たものでも同じだと分かります。
左がJL-B31で右がTT-61。

P60

JL-B31、JL-B41Ⅱ、JL-B61(TT-61)は同じACサーボモーターの兄弟機です。
JL-B41ⅡとTT-61はネット上にも情報があまりないので気付きませんでした。
このモーターが気に入ったということであればJL-B61がベストですね。

さて入手したJL-B41Ⅱですが、残念なことにトーンアームのアーム部分が緩く、
ヘッドシェルを取付けようとするとアーム自体が回転してしまう始末。
このトーンアームに期待していたのにがっかりです。
そこで今使っているJL-B61用のトーンアームをこちらに付け替えることに。
まずは出力コードの配線を外します。

P61

これが意外とやっかいなことに。
配線を外せばトーンアームは上に抜けると思ったんですが、
でっぱりがあって上には抜けません。
ということでトーンアームを分解。

P62

左の写真のマイナスネジがつぶれていて回らず、
しょうがないので金ノコで溝を切りなおし、
CRCをたっぷり吹きかけてやっと外しました。

ところがトーンアームは抜けず、更に分解して外すことにしました。
結果を先に言いますが、右の写真のように90度の角度にもう一つネジがあり、
こちらも外せばトーンアームをバラバラに分解しなくても抜けます。

バラバラに分解したついでに各部の構造を紹介しておきます。
インサイドフォースキャンセラーは巻きバネの反発力を利用。
真鍮を使いしっかり取付けられています。

P63

こちらは水平回転部分の上下にあるスラスト軸受け。
いずれもリジッドに取付けられていて、
こういうところがガタの少なさにつながっていると実感しました。
大した荷重がかかるわけでもないのにガッチリ作りすぎ。素晴らしい!
各パーツもしっかり金属です。
再度組み立てる気はなかったのでこじって傷がついたりしています。

P64_2

トーンアームをやっと外してJL-B61用のトーンアームを取付け。
同じビクターのトーンアームなのでパイプサイズは同じです。
トーンアーム周辺はすっきりしました。

P65

トーンアームにアームケーブルを接続するために底板に穴をあけました。
インシュレーターは底板に取り付けられています。

P66

お掃除したらそこそこきれいになりました。
写真では分かりませんが細かいサビやダストカバーに傷がります。
オーディオラックに据え付け当面これを使うつもりです。

P67_2

ちなみに最初は回転数調整ボリュームを目いっぱい回しても
回転を調整しきれなかったので、制御基板の半固定抵抗を最調整しました。
相変わらずの滑らか回転で、
ストップを押した後プラッターは1分くらい回転してから停止します。

P68

これはなかなか良いです。
トーンアームのベース部はアルミダイキャストの操作パネルと一体化で強固。
トーンアームに異常がなければそのままで十分だと思います。
上位機種のJL-B61ならなお良いと思いますが私はこれで十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オーレックスのSR-255で遊んでみる。

お掃除したJL-B31はハードオフでリサイクルしました。
そこそこの値で買い取ってもらえました。

査定待ちの時、ジャンク売り場に気になるレコードプレーヤーが・・・。
もういい加減やめればいいのに(笑)。
1296円のオーレックスSR-255をお持ち帰りっ!
人口大理石のキャビネットがいい感じだったのです。

P36_2

回転するけれどチェックの時片チャンネルの音が出ませんでしたというもの。
出力コードの断線だろうから楽勝修理だろうと思いました。

帰ってすぐに導通チェック。
トーンアームのコネクタと出力プラグを調べていくと・・・。
全て導通しているではありませんか?

この手の不具合は経験済み。
トーンアームのコネクタ部が接触不良を起こしているのです。
コネクタのピンを覗き込むと若干曲がっている感じもします。

でもほとんどの場合は表面の酸化膜が原因。
綿棒を使って無水エタノールで拭いてから乾拭きします。
修理完了。

このプレーヤーは人口大理石を使ったキャビネットが売りです。
デュポンコーリアンのような材質です。
オーレックスではこれのことをA・D・ソリッドと言っています。

P37

脚は薄い底板に取付けてあります。

P38

側面の板はペラペラ。
まあ上部のA・D・ソリッドで強度を確保しているので、
底板を取付ける角柱の柱とビーム以外は飾り程度で問題ないと思います。
中身はスカスカ(笑)。

P39

速度切替スイッチは1個しか使っておらず1個はダミーです。
こういう無駄をやれたことに時代を感じます。

P40

トーンアームの下部にはシールドケースもありません。
出力コードは意外と太くてしっかしりています。

P41

モーターはこの当時の多くの機種に採用されていたものです。
ネット上で確認を取れただけでも7機種あります。
オーレックスSR-355、ビクターJL-B41、JL-B51、パイオニアPL-1200、
Lo-D PS-38、ヤマハYP-511、オンキョーCP-700M。

よく確認したら、Lo-D PS-38、ヤマハYP-511、オンキョーCP-700Mは
全く同じようですが、オーレックスSR-355、ビクターJL-B41、JL-B51、
パイオニアPL-1200とはモーターの形状が少し異なっているようです。

P42

回転制御回路はモーター裏にあるたったこれだけです。
モータの電源コードが細くて心配になります。

P43_2

普通のDCモーターという感じです。
可もなく不可もなし。

P44_2

コイルの巻き方は雑然。

P45

ローターもそれほど大きくありません。
オイル切れはありませんでした。

P46

このレコードプレーヤーの特徴はプラッターにもあります。
キャビネットと同様A・D・ソリッドです。

P47

アルミダイキャストにピアノブラック塗装してあるようにも見えます。
結構厚みがあります。

P48

安価な製品ですが意外とチープ感はないように思います。
ただしゴムシートはペラペラなので交換した方が良いでしょう。

P49

回転がちょっぴり不安定な感じ。
絶対音感があるわけではないので聴感では分かりませんが、
ストロボパターンが前後に少々揺れるのが気になります。

なので回転制御基板のトランジスタを交換してみることにしました。
放熱板付きのモータードライブトランジスタが怪しい。
小型ですが電流と電力の最大定格が大きいので注意が必要です。

ちょっとオーバースペックですが秋月電子に代替できそうなものがありました。
2SC2383です。10個で150円。

P51

交換の作業性は意外と悪いです。
基板にはシルク印刷があるので向きを間違えることは少ないでしょう。

P52

元々付いていたのは2SC1317です。
外したトランジスタのhFEを測ってみると115くらいあり、
壊れていたわけではありません。

交換する2SC2383(Yランク)はhFEが220くらいなのでかなり差があります。
ちょっと心配でしたが動作は問題ありませんでした。
交換するにあたりヒートシンク取付け用伝熱シートを使いました。

P53_2

3相分3個のトランジスタを交換。

P54_2

少しはましになったような感じですがまだ回転は不安定です。
だめ元でモーター軸のオイルを再塗布することにしました。
無水エタノールで古いオイルを拭き取って、
以前買ったテクニクスのオイルを塗布。
すると今度は安定しています。
回転が少々不安定だったのはオイルの劣化だったようです。

元々それほど汚れていませんでしが、クリーニングできれいになりました。
ダストカバーに少しひびが入っているのが残念です。
ゴムシートはパイオニアの厚手のものに交換。

P55

トーンアームのガタは僅かで、アームリフターはゆっくり降下します。
プラッターの高さが低いこともあり、カートリッジが前下がりになりますが、
トレースに支障はないので特に問題はありません。

P56

毎度のことですがレコードを楽しむにはこれで十分。
ストロボパターンがちょっと見ずらいのが残念。
眺めていて意外と楽しいレコードプレーヤーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

11円で落札したレコードプレーヤー(笑)

安かったので思わず落札してしまいました。
ビクターのレコードプレーヤーJL-B31です。
11円とはビックリ!
送料はそれなりにかかりましたが合計でも2000円以下(笑)。

クリーニングしたらかなりの美品になりました。
これが11円とは申し訳ない気持ちです。
もちろん稼動品。
ちなみにカートリッジは付属品ではありません。

P24

ビクターにしては珍しくACサーボモーターということで気になっていました。
早速中身を詳しく見ていきましょう。
脚は底板に付いています。

P25

安い製品なので頑丈な筐体ではありません。
中身も必要最小限の簡素さ。
電源トランスレスなのでAC100Vで直接モーターを回しています。
制御回路もAC100Vを整流分圧して使っています。

P26

電源トランスレスでACサーボモーターというのは
DENONのDP-790など安い製品と同じ構成です。
電源スイッチと回転数切替スイッチは両方ともマイクロスイッチです。

P27

トーンアーム部分にはシールドケースが被さっています。
アームコードは意外と太くてしっかりしたもの。

P28

シールドケースを外すと中継ラグ板でコードを接続してあるのが分かります。
トーンアーム部はスイッチ類と共に金属プレートに取付けてあります。

P29

回転制御基板は1枚にまとめられていてICはなし。
中央左寄りに回転数調整用半固定抵抗があります。

P30

ストロボランプは大き目の物で穴から直接プラッターを照らします。

P31

モーターは小ぶりですが頑丈に作られています。
安い製品とはいえこういうモーターを使っているのがこの時代の良さ。
ネット上の情報を見るとアウターローター型です。

P32

※ どうやらマイクロDD-5のモーターと回転制御回路はこれと同じ物のようです。
  どうかヤフオクで高く売るための過大評価&過剰広告はおやめ下さい(笑)。
  JL-B31の落札価格を吊り上げるような輩が現れないことを祈ります。

モーターを固定してあるプレートはプレス鉄板。
あまり厚くないですが軽量プラッターなので強度的には十分でしょう。
ストロボランプのカバー部はプラスチックです。

P33

プラッターは外周に厚みを持たせていないので慣性モーメント的には不利。

P34

それでも軽量プラッターのおかげでモーター軸受けへの負担は少なく、
スイッチを切るとプラッターは45秒くらい回転してから停止します。
非常に滑らかに回転しているということです。

トーンアームは水平方向に少々ガタがありますが気にする程ではありません。
アームリフターは速めに降下します。
45回転は回転数調整ボリュームの端で回転数が合う状態だったので、
ボリュームの中央付近で合うように回転制御基板の半固定抵抗を調整。
33回転も念のため再調整。

良い雰囲気を持ったレコードプレーヤーだと思います。
高級感はありませんが質感は悪くなく適度なレトロ感が何とも言えません。

P35

レコードを楽しむにはこれで十分です。
これでレコードをさりげなく楽しむような趣味人が格好いいと思うのですが・・・。
私は無粋なオーディオマニアなのでそうはいきません(涙)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

DP-50Mのお掃除

お久しぶりです。
私は相変わらず元気です。

で、またしてもレコードプレーヤー。
適当に入札しておいたら競らずに落札してしまいました(笑)。
特に必要ということではなかったのですが、一度は触っておきたかった物。
それほど安くはなかったです。

DENONのDP-50M
ひどい梱包でした。
エアキャップシートでくるんで段ボール紙1枚を外側に被せただけというもの。
中ではターンテーブル(プラッター)が外れ、ストロボパターンで傷がつく始末。
出品業者としては最低レベルですね。
ブラックリストに入れました。

カートリッジが付いていてエラックのSTS545でした。
残念ながらカンチレバー折れですが、
外観はきれいなのでそこそこの金額で売れるのではないかと思います。

下の写真は軽く掃除した状態。
いつもながらのかなりのヤニ汚れで、
当時の喫煙は今では考えられない程の量だったことが分かります。

P16

キャビネットは角が割れて塩ビシートの下端が波打ってめくれています。
あまり良い環境に保管されていなかったようです。

P17
動作は特に問題なく、33回転、45回転共に正常。
電子ブレーキもしっかり効きます。
トーンアームには僅かにガタがある程度でした。

脚のひとつが壊れていました。
積層キャビネットではありませんが厚みがあるしっかりした作りです。

P18

トーンアーム側に空間がないのはなかなか。
おかげでトーンアームベースは外しづらそうです。
回転制御基板は1枚の大きい物で、
DP-50L用のオートリフトアップ回路部分は部品が実装されていません。

P19

モーターはDP-790、DP-1600、DP-2000などと共通のしっかりした物。
エディカレント(渦電流)モーターというものらしいですね。

P20

ストロボランプは小型の物が2個入っています。

P21_2

電源スイッチのロックがかからなかったのですが、
位置を調整したら問題なく動くようになりました。

P22

スイッチ以外は何もせず、お掃除だけで終了です。
キャビネットのめくれを除けば、そこそこきれいだと思います。
アームレストが緩くなっていてトーンアームをしっかり固定できないのが小難。

P23

しっかりした作りの良いレコードプレーヤーだと思います。
これで十分です。

DP-50Mのトーンアームをビクターの物に交換して使おうとも考えましたが、
DP-2000と組み合わせた現在使用中の物があるのでそれはやめました。
このDP-50Mはリサイクルということになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DP-1000のお掃除

キャビネットから外して不要になったDP-1000のお掃除をしました。
ついでに中身をチェック。

カバーを外して中を見るとDP-3000の簡略化版そのものといった感じです。

P10

モーターはアルミカバーで覆われたしっかりしたもので、
多分DP-3000の中期以降と同じものではないかと思います。

DP-3000にあった電源トランスのカバーは省略されていて、
ブロックコンデンサは一回りくらい小ぶりになっています。

P11

制御基板もDP-3000の物を簡略化したものです。
例の壊れやすいトランジスタ2SC458は4個使用されています。

P12

黒いカバーの中にあるストロボパターンの反射鏡とランプをクリーニング。
ここをクリーニングしないとストロボパターンがはっきり見えません。

P13_2

回転動作に問題はありませんでしたが、
脚が真っ黒けの2SC458を2SC1815(1個10円)に交換。
Q1~4が交換したトランジスタです。

P14

クリーニング&簡易メンテ終了。
プラッターには錆びが目立ちます。
掃除したらシルク印刷の一部がかすれてしまいました。
シートは高級な厚手の物が付いていました。

P15

動作に問題はなく十分実用品です。
そのうちヤフオクでリサイクルする予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

またしても変更(笑)。

なかなか落ち着きません。
私のレコードプレーヤー。
DP-1600の本体にビクターのトーンアームは良いんですけれど・・・。

クォーツロックではないし、ストロボランプは商用電源で点灯しているため、
ストロボパターンが微妙に流れていて、流れが大き目になると気になり、
つい調整したくなり気分的に落ち着かないのです。

そこでこんなものをハードオフで買ってきました。
DENONのDP-1700ジャンク品。

P1

ターンテーブルは動作するということですが、
トーンアームなしなので3240円でした。
ヤフオクで1500円くらいで落札して送料を含めれば同じくらいの金額。

ターンテーブルDP-1000は33回転、45回転共に問題ありませんでした。
でもほしかったのはキャビネットです。
これに今手元にあるDP-2000を載せようという魂胆。
DP-2000はクォーツロックなので安心です。

P2

キャビネットはきれいな部類です。
前オーナーはこれに違うトーンアームを載せていたようで、
アームレスト取付け穴やアームベース取付けの木ネジの跡があります。

P3

積層構造ではありませんがしっかりした作りです。
脚も4つ付いています。
キャビネット構造はDP-790やDP-1600とほぼ同じ。

DP-2000をそのまま載せられると思ったのですが・・・、
何か所かぶつかって収まりません。
ということでキャビネットをノコギリで切ったりカッターで削ったりしました。

P4

違いがわかりますか?
これで搭載可能です。
掃除をしたらかなりきれいになりました。
トーンアームを取付けるへこみ部分をマジックで黒色に塗りました。

ターンテーブルとトーンアームを取付けるとこんな感じになります。
DP-1000とDP-2000の取付けネジ穴位置は共通です。
アームレストの取付け位置は変更しました。

P5

下側から見るとこんな感じになります。

P6

DP-1700の脚は高さが低く、DP-1000より高いDP-2000を載せると
底が着いてしまいます。
なので脚はビクターのレコードプレーヤーから外したものに交換。

DP-1600のウォルナット仕上げよりこちらの白木のほうがカッコイイです!
DP-1700に付いていたダストカバーは傷がひどいので、
DP-1600から外した物をこちらに取付けました。

P7

このDP-2000は電子ブレーキの利きが少し甘く、
たぶん減速方向のサーボが弱いのだろうと思いますが、
回転はきちんとロックするので大きな問題はないでしょう。

ちなみに左側に見えるレコードプレーヤーもDP-2000ですが、
こちらは電子ブレーキがきちんと利く物です。
ただしヤニ汚れがひどく掃除するうちにシルク印刷が全て剥げてしまいました。

これで安心して音楽に浸れます。

P9

DENONのターンテーブルは良いですね~。
今度こそこれで落ち着くか・・・。

いらないDP-1000を掃除してヤフオクでリサイクルすれば、
このキャビネットの元は取れるでしょう。
DP-1600本体もヤフオクでリサイクルします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オフセット電圧が調整できないのは意外な理由でした。

オフセット電圧が調整できなかったIntegra A-7の修理ができたので報告します。実は修理という程のことではないのですが、原因は意外な盲点だったのでお知らせしておきます。

少し前に修理の途中経過を書いています。
アンプで遊んでいます。

その後もう一度修理を試みようというとで、まずはオフセット電圧調整用の半固定抵抗を疑い、その電圧を測ってみると問題なく調整できました。ならば後段のトランジスタの不具合なのか? 念のため基板のところの出力オフセット電圧も測ってみました。ここでスピーカー端子のオフセット電圧と左右が入れ替わっていることを発見! 

どこで左右が入れ替わっているのかと配線を見ていくと、スピーカー切替スイッチの所でつなぎ間違えているのだと分かりました。以前の持ち主がここを修理したようで、線の一部がはんだ付けの熱で溶けているなどずさんな状態だったのですぐに見当がつきました。配線の取り回しにもおかしなところがあります。もう1台あるA-7で正しい配線も確認しました。

P197

早速線を反対に付けしなおしました。これまでの短い試聴では左右反対になっていることに気付きませんでした。いい加減な私です。写真ではスピーカー切替スイッチの下にある電源ランプも交換していることが分かりますが、御覧のとおりでその場しのぎという感じです。

P198

で、それはそれとして中を色々眺めてみたのですが、結局オフセット電圧を調整できない理由を見つけられず、また一旦修理をあきらめました。

そして数日前、あることに気付いたのです。左右配線が入れ替わっていたということは、右チャンネルの半固定抵抗を調整しながら、左チャンネルのオフセット電圧を測定していたということではありませんかっ!! 配線間違えに気付いた時に何でこのことに気付かなかったんだろう・・・。

ということでオフセット電圧を再調整してみると、今度はきちんと調整できるではありませんか! そりゃそうですよね。調整用半固定抵抗を回してもオフセット電圧が変化しなかったのはこういうからくりだったのかと納得。意外な盲点でした。後段のトランジスタを交換するなど泥沼に落ち込まずに済んで良かったです。

たぶんトランジスタを交換などしなくても元々動作に問題はなかったのだろうと思います。まあ脚が真っ黒けのトランジスタでは精神衛生上良くないので、新品に交換したことは意味があります。ならばということで電解コンデンサも新品に交換してしまいました。

P199

もちろんアイドリング電流、出力オフセット電圧は問題なく調整できます。これで安心してこのアンプが使えるようになりました。お気に入りのアンプなので修理できて良かったです。

このアンプはクラスの中では大き目の電源トランスとオーディオ用巨大電解コンデンサと太いコードをパラで配線するという電源供給に気を配った設計が◎です。パワーアンプ部しか使わない私には魅力があります。大音量で聴くわけではない私にはこのくらいの規模のアンプが似合います。

P200

外観はそこそこきれい。各ノブはしっかり厚みがあるアルミ製でフロントパネルは上部が5mm厚。重厚感あるデザインが好きです。

P201

まさか左右チャンネルの配線が入れ替わっていたとは、これぞ想定外です。危うく更にA-7を落札してしまうところでした。これで1100円で落札したアンプが見事実用機になりました! メデタシメデタシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«また入手してしまいました。