EPC-270C-Ⅱの比較試聴

甲府は雪が降ってきました。かなり寒いです。

ダストカバーがほしくて入手したレコードプレーヤーに付いていたカートリッジEPC-270C-Ⅱの比較試聴をしましたので報告します。

いつものように2枚のリー・リトナー『オン・ザ・ライン』(ダイレクトカットディスク)を2台のレコードプレーヤーで同時にかけて、自作フォノイコライザーの入力セレクタで瞬時切替しながら比較する方法です。比較の相手は私のリファレンスZ-1E。レコードプレーヤーはテクニクスSL-1200とデンオンDP-2000モーター/ビクターUA-7045トーンアーム/デンオンDP-77キャビネットです。レコードプレーヤーの音質差は無視できます。

左 : ビクター Z-1E(針:アーピス現行楕円針DT-Z1E)
右 : テクニクスEPC-270C-Ⅱ(針:純正楕円針EPS-270ED)

P104

出力はEPC-270C-Ⅱの方が少し小さいです。音質は両者同傾向というか同じと言って良いと思います。接合ダイヤの粗さ/濁りがあってそれが元気良さに聴こえます。ただし高音の出方はEPC-270C-Ⅱの方がやや控えめなので、Z-1Eの方が鮮やかに聴こえます。高音がやや控えめなのは経年なりの劣化なのではないかと思いますし、シェルリード線がごく普通のものだからかもしれません。松田聖子のサ行は楕円針なので良好。チェックレコードのトレースは標準針圧1.75gで大振幅はやや歪みますが、針圧を上限値2gにすればほぼ問題なくトレースします。

単品売りで\10,000くらいのカートリッジはビクターZ-1E、ソニーXL-15、そしてテクニクスEPC-270C-Ⅱを聴きましたが音質的には大差ないです。これ以下のプレーヤーに付属したような廉価品MM型(アルミパイプカンチレバーに接合ダイヤ)もたくさん聴いた私に言わせれば、音質的にはどれでも良くてデザインが気に入ったものを1個か2個持っていれば十分です。ただしこのクラス~以下で出力がかなり大きい物の中には、ハイ上がりでやたら元気良く聴こえる物があるので、ハイファイを求める人には不向きだと思います。

私にはお気に入りのZ-1EがあるのでEPC-270C-Ⅱは手元に置いておく必要はないです。どういう音か分かったのでもう十分。なのでリサイクルします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SL-1500を観察

レコードプレーヤーSL-1500を観察してみました。
プラッターは中央付近が窪んでいてその裏にローターが取り付けられています。

P95

本体表面がツルツルなのでてっきりプラスチックだと思ったのですが・・・。

P96

メンテナンス用のオイルが置いてあります。
移動時にトランスを固定するネジも付いていました。
モーターはスロット数が減った今につながる物になっています。

P97

SL-1200初代のモーターと比べるとコンパクトになりローコスト化されています。
クオーツロックに必要なFG(周波数発生器)は付いていません。
プラッター裏にローターが固定されたテクニクスならではの構造。

P98

こちらにももちろんFGは付いていません。
ローターをプラッターと一体化するのは強度の点で良いと思います。
裏がえして見ると。

P99

脚はプラスチックの底板と一体化した簡略なもので、
簡単なインシュレーション機能はあるものの高さ調整は不可。
一か所フェルトが取れていました。
脚と底板が一体だからだと思いますが多めの12個のネジで本体に固定。
底板を外してビックリ。

P100

本体はアルミダイキャストでした。
表の塗装がプラスチックのような肌合いなのは、
下のクラスのプラスチック筐体の物と見た目の差を減らすためか?
回転制御回路はSL-1200初代と類似だろうと思います。

P101

回転数切替スイッチは電源ON/OFFスイッチも兼ねています。
電源ON/OFFは右側のマイクロスイッチ。
回転数切替は左側のSL-1200と同様なスイッチ。
回転が安定しなかったのはやはりここの接触不良。
分解清掃できますが面倒なので接点復活材処理。

SL-1200もそうですがここをトグルスイッチにしてしまう手があります。
筐体にドリルで穴を開けてスイッチを取付ければ良いと思います。
回転数切替はこのスイッチで行い、電源ON/OFFは元のレバーで行います。
こうすれば接触不良を根本から解決できます。

P102

トーンアームの裏側を見るとアームベース部分もアルミダイキャストでした。
しっかりした作りになっています。
バネ式の簡便なインサイドフォースキャンセラー。

取り敢えず軽く清掃して聴いてみました。
カートリッジは元々付いていたEPC-270C-Ⅱ。
ロックがかかるまで少し挙動が不安定です。
制御回路に劣化した部品があるのだろうと思います。

P103

トーンアームにガタはなく、アームリフターは速く降りてしまいます。
音楽を楽しむならこれで十分良い音です。
背が高いこのカートリッジでトーンアームの水平がとれるようになっています。
トーンアームの高さ調整はできませんのでカートリッジを交換する際は要注意。

テクニクスのレコードプレーヤーのトーンアーム位置は
背の高いカートリッジ用に調整されているようです。
以前オルトフォンのコンコルド用にトーンアーム位置が高いのではないかと
書きましたが、
コンコルドが発売される以前に既にテクニクスのカートリッジの
背が高かったのだと分かりました。

それからトーンアームをアームレストに戻してロックすると低い位置になるので、
アームリフターを上げられなくなります。
使用時はロックを外しアームリフターをまず上げてから
レコードの上にもっていくようにしないと、
カートリッジの針をレコードにぶつけてカンチレバーを折る可能性があり、
注意が必要です。

これで可動レコードプレーヤーは10台目(笑)。

| | コメント (0)
|

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いします。

今日は快晴で暖かかったです。

P92

少々霞がかかっていましたが富士山がきれいに見えました。

年明け早速SL-1500のダストカバーをクリーニング。

SL-1200へ取付けました。

P93

スモークより透明の方がいい感じです。

傷などは少ないのでこうやって見ると新品みたいです。

SL-1500に付属していたカートリッジEPC-270C-Ⅱも問題なく聴けました。

P94

テクニクスの270シリーズの音も聴いてみたかったのでちょうど良かったです。

ヘッドシェルのカートリッジ取付け面が低いので、

トーンアームをかなり上げないと水平になりません。

これを付けるとダストカバーを閉めた時のクリアランスがぎりぎりでした。

ヘッドシェルの指かけ部が水平に伸びていないものだと、

ダストカバーにぶつかってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

本日届いたレコードプレーヤー

あ~あっ、今年最後の日までこんなことやってます(笑)。

本日レコードプレーヤーが届きました。

テクニクスのSL-1500です。

P89

ナガオカのクリーナーが付いてきました。

このクリーナーがほしかったわけではありません(笑)。

ダストカバーがほしかったのです。

SL-1200のダストカバーが割れているのでこれに交換しようというわけ。

カートリッジには針が付いていてカンチレバーに変形もなく使えそうです。

P90

これをリサイクルすれば元がとれそう(笑)。

SL-1500は送料含めて2000円なのですから。

ネット上のレコードプレーヤーサイズや蝶番のところの構造とかを見て、

使えそうだと確信していました。

P91

御覧のとおり問題なく使えます。

私としては丸いドームは邪魔なのでフラットなこちらを選択。

まだダストカバーのクリーニングはしていません。

だって大掃除で疲れてますから。

年が明けてからのんびりクリーニングします。

SL-1500は回転がおかしいので修理して遊ぼうかと思います。

筐体はプラスチックなので手元に置くことはないです。
(勘違いです。筐体はアルミダイキャストでした。)

さて、拙ブログをお読みくださっていた皆様。

1年間どうもありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レコードプレーヤーだらけに(笑)

今オーディオラックにセッティングされているレコードプレーヤーはこの2台。

ACモーターのデンオン vs DCモーターのテクニクス。

P87

メカニカルなテクニクスは意外と高級感を醸し出しています。

これで当分の間変更なしかな??

そしてレコードプレーヤーが溜まってしまいました(笑)。

P88

全部可動状態です。

いい加減整理しないといけないのですが、

最近ヤフオク出品がめんどくさかったりしてこの有様。

更に押し入れの中にはPL-380&PL-380A×2が入っています。

そういえばあの1台がありませんよね。

ガレキとなってしまったのです。トホホッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

SL-1200はカッコイイです!

SL-1200に益々惚れてしまいました(笑)。

出力プラグは意外と汚れていなかったのですが新品に交換。

ここは新しくしておくにこしたことはありません。

プラグは秋葉原の秋月電子通商で買える安物ですけれどこれで十分。

P85

なかなか太くてしっかりしたコードなのでコードまで交換する必要はないでしょう。

掃除してあるとはいえダストカバーもプラスチッククリーナーでクリーニング。

透明度はアップしました。

で、ビクターQL-5に替えてSL-1200をオーディオラックの定位置へ。

P86_2

セッティングしてみたらこれがかなりカッコイイ!

いつもとは違う角度からお写真を撮ってみました。

く~ぅ、たまらん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっと手に入れたSL-1200!

またまたレコードプレーヤーをヤフオクで落札してしまいました(笑)。テクニクスのSL-1200です。このシリーズの初代。DJ御用達になる前のこいつがほしかったのです。人気があるので落札価格が高く、ジャンク&プア・オーディオの私にはなかなか落とせませんでした。今回はスイッチが入ったり入らなかったりするということと45回転が不安定ということで3110円也。この程度の症状ならば修理は簡単なはず。

届いた物は掃除してあるようできれいな状態。これまで入手した物があまりに汚かったので今回は肩透かしを食らった感じです(笑)。ダストカバーは左側のヒンジの付け根が割れていますが(ヤフオクの商品説明に記載されていて写真もありました)、目立たないし使用には問題ないので良しとします。

P75

早速電源を入れて回転を確認。確かにスイッチの接触はかなりひどく、ONするには要領が必要です。回転数は調整できるものの不安定です。ストロボランプはほぼ止まるのですがフラフラするので、ピアノの音程とか不安定になります。

では早速修理にとりかかります。不具合いの原因は明らかです。「SL-1200の世界」というホームページがありまして、修理方法が詳しく書いてあるからです。電源スイッチと回転数調整ボリュームの接触不良を治します。

P76

底蓋を開けるとこんな感じです。アルミダイキャストの堅牢な本体にモーターとトーンアームが取り付けられています。モーター回転制御基板は1枚のみのシンプルさ。これだけパーツが少なければ壊れにくいでしょう。スカスカ(笑)。

P77

ここが問題のボリュームとスイッチ。ネジを外せば取り外せそうなのですが、ツマミが接着剤で固定してあるとかで軸から抜けないのでボリュームもスイッチも外せません。ここは接点復活材に頼るしかありません。私はKURE CRCのコンタクトスプレーを使いました。接点復活材を吹きかけてスイッチを何度も入り切り。これだけで一応接触不良はなくなりました。

※たきじんさんから情報をいただきました。ボリュームの軸にはネジが切ってあるそうで、ツマミはねじ込まれているとのことです。左に目いっぱい回して更に強引に(ペンチなどで)左に回せば外せるのですが、接着剤で固定されているのでツマミはボロボロになりボリュームは壊れるそうです。ダメなボリュームが壊れるのは問題ないし、軸にネジが切ってあるボリュームは売っていないのでツマミがボロボロになっても問題ないでしょう。

動作確認の時にボリュームは調整可能だったので、ボリュームはそのままで取り敢えず回転確認することに。回転数は調整できストロボも安定しました。何かと問題視される接点復活材なので、ボリュームには接点復活材をかけないことにしました。

P78

なぜスイッチの接触不良を治せば回転数が安定するかというと、ネット上から拾った上記回路図にあるとおり、スイッチと回転数調整ボリュームが直列接続されているからです。つまりスイッチの接触抵抗が不安定なら回転数調整ボリュームを変化させているのと同じことになるのです。

次にモーターに注油するくことにしました。これも上記ホームページに書いてあることです。私はそれだけではなくこのモーターの中身が見たかったというのがあります。SP-10用の初代DDモーターからSL-1200MkⅡ以降のDDモーターの間に入って中途半端感はありますが、私は非常に良い構造のモーターだと 思っています。

P79_2

ローターを外さなくても注油用の穴からオイルを入れることはできますが、私はモーターの中身が見たいのでローターを外しました。ローターを外すには脱落防止用の鉄片を外す必要があります。黒色のプラスチックカバーの下にネジがあります。

マイナスネジは緩み防止剤か何かで固着しているので、頭をつぶしてしまわないように注意してください。回らなくてもしっかり押さえてじっくり力を加えていると何度かするうちに緩めることができます。

ちなみにローターの両側にあるプラスチック片は移動時のローター固定用なのではないかと思います。

P80_2

20極15スロットモーターの固定子(スロット)にはきれいにコイルが巻かれています。ガッチリしていて頼もしいです。

P81

回転子は意外と大きくて重く、これだけでも慣性質量はそこそこあると思います。軸部分にはほとんどオイルが付いていませんでした。今回軸受け側は特に掃除せず軸のみ無水エタノールでクリーニングしました。

P82

QL-5のメンテナンス時に買ったテクニクス用と言われるオイルを軸に塗り、軸受けにも少したらしてからローターを入れました。気密性が高いのでローターがすぐには沈みません。プラッターも載せて少し回転させたりしながらしばらく待つとローターは沈み込みます。

P83

モーター自体の回転も滑らかになったのでストロボパターンはより安定したように思います。クオーツロックではないので電源自体の周波数ドリフトなどにより、ストロボは時間とともに僅かに流れていきますがそれは正常です。ストロボ識別シールの印字は消えてしまっていて、どの縞がどれなのか分かりませんが、ネット上には写真が転がっていますので識別に問題はありません。

メンテナンス完了! 修理はあっさり終わってしまいました(笑)。

P84

アームリフターはオイル抜けもなくゆっくり降下します。トーンアームのガタは水平方向に僅かにありますが特に問題にならない程度だと思います。シンプルで良いレコードプレーヤーですね。オーディオ用ならSL-1200初代でしょう。MkⅡからはすっかりDJ用になってしまい、同じ型式とは言え中身は全く別物になってしまっています。

クォーツロックではないとか、ブレーキ機構がないので止めてしばらくはプラッターが回転しているとか、脚に水平調整機構がないとかはありますが、これで十分な気がします。良いレコードプレーヤーだと思います。色々なメーカーのレコードプレーヤーを使ってきましたが、これでやっとダイレクトドライブの雄、テクニクスのレコードプレーヤーを常用できることになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«またオルトフォンのカートリッジを落札しちゃいました。