レコードプレーヤー探訪 KP-R405

もう一度モーターが見たくてヤフオクで¥500落札。
トリオのKP-R405です。

前に同型モーター搭載のKP-M350を入手しましたが、
プラッターとゴムマットと脚以外は廃棄してしまいました。
オンキョーやサンスイの20極30スロットモーターが気に入ったので、
それらと比較したいというのがありました。

外観はそこそこ。

P185_20231118103601

出力コードと電源コードは普通のもの。

P186_20231118103701

プラッターやゴムマットはKP-M350と同じです。

P187_20231118103701

インサイドフォースキャンセラーはテコと錘。
アームベースはプラスチック。

P189_20231118103701

脚は底板に直付けで高さ調節不可。

P190_20231118103701

底板は薄めのプラスチックでリブ入り。

P191_20231118103701

中でコロコロ音がしていたので何かと思ったら、
モーターなどを固定する鉄板をキャビネットに固定するネジが
2個外れていました。
そのせいでプラッターがキャビネットにこすれて回らない状態でした。
オートリターン機なので色々入っています。

P192_20231118103701

目を引くのがこの錘。
レジンコンクリートだと思います。
この頃のトリオはプラッターの慣性質量を大きくしており、
その反動でキャビネットが撚れるのを防ぐために重くしているのです。
錘を外そうとしてネジを緩めましたが外れません。
錘とキャビネットは接着剤でくっついています。

P193_20231118103701

トーンアーム駆動メカは他社のものと似ていない独特なもの。

P194_20231118103701

どうやって駆動しているのだろう。

P195_20231118103701

トーンアームがレコード上にない場合は音声信号を出力しないように
プラスマイナスを短絡させる接点が入っています。
レコード外周に針を落とした時のブチッノイズのカットにもなります。
写真はバラした後なので、出力コードを切断しています。

P199_20231118103801

電源トランスはゴムで浮かして、
振動がキャビネットに伝わりにくくしてあります。
手抜きはしていません。

P198_20231118103801

モーターはKP-M350と同じもの。

P196_20231118103701

定電圧回路などの基板や回転速度調整ボリュームなど。
なんでプラスチックケースに入れているのだろう?
基板を直接キャビネットに付ければ良い気がしますが。

P197_20231118103701

モーター系電気パーツを外してみました。

P200_20231118103801

回転制御基板実装の関係があるのでしょうけれど、
大きめの鉄製皿は強度UPに貢献していると思います。

P201_20231118103901

オンキョーやサンスイのモーターと違いコイルやマグネットが高く、
トルクが大きいだろうことが分かります。
プラッターを重くして外周の厚みも増しているので大きいトルクが必要です。

P202_20231118103801

こちらと比較するとコイルの大きさの違いがよく分かります。

P98_20231118111301

コイルの外側に擦れ防止のテープが巻いてあります。

P203_20231118103801

プラッターは外周部が厚く慣性質量大。

P204_20231118103801

いつものようにモーターとプラッターで回して遊んでます。
回転数調整ボリュームは接点復活剤処理。

P205_20231118103801

定速回転になるまでフラフラが長いのが気になります。
ストロボを見ていると安定度もいまいち。
軸受オイルを交換したけれど改善されず、
多分部品の劣化でこうなっていると思います。
部品を交換してまでモーターを使う気になれなかったので、
プラッターと脚のみ残して他は廃棄となりました。

| | コメント (0)

チューナー交換

今日は珍しいネタです。

長年使っていたチューナーが壊れてしまいました。
使っていたのはオーディオ評論家の故長岡鉄男さんが絶賛していた
KENWOODのKT-1010F。
20年くらい前にヤフオクで落札したもの。

カセットデッキがKX-880SRⅡなので、
デザイン的にはマッチしていました。
この頃のメカニカルなKENWOODデザインが好きです。
黒色フロントパネルの全盛期でしたね。

P176_20231029180601

ラジオはめったに聴かないので年に数回電源を入れる程度でした。
久しぶりに電源を入れたら表示が点灯しませんでした。
中身を開けてみたけれど、電源スイッチが壊れたのではなく、
故障を突き止めるのはめんどうだったので廃棄しました。

大きな基板に半導体がたくさん並んでいます。
TRIOのチューナー技術を結集したシンセサイザーチューナー。

P177_20231029180601

さて、もう一度KT-1010Fを買おうかとも考えましたが、
めったに使わないのチューナーにお金をかけるのもなんだか。
しばらくチューナー不在が続きました。

懐かしいデザインのアナログチューナーを買おうかとも考え、
ハードオフのジャンクその他もながめたりしつつ悩む日々。
悩むといっても基本ラジオは聴かないので気楽なものです。

アナログメーター付きの大きなチューナーも懐かしくて良いけれど、
ハードオフジャンクは動きそうなものがありません。
ジャンクでなくてもそれほど高くはないのですが、
年数回聴くのにやはりお金はかけたくありません。

で、気になるものがありました。
ハードオフジャンク¥1,100のYAMAHA T-5
「FM受信できました。」と書いてあるので、それを信じて購入。
おおげさでないのがいいのです。
この頃のヤマハのシンプルでクリーンなデザインも好きです。

ハードオフジャンクですので天板は傷だらけ。
フロントパネルにそれほど傷はありません。

P178_20231029180601

FMアンテナ端子が変な形状なのが気になったのですが、
まあ何とかなるだろうと。

P179_20231029180701

チューニングノブを回すと途中で異音があったけれど、
これも何度か回せばなじみそうだったので購入。

安いチューナーなので中身はスカスカ。

P180_20231029180701

買ってネット検索して分かったのですが、
周波数目盛りを上からほのかに照らすお洒落なランプがあります。
これが点灯しないとデザインの良さが半減。
ランプは点灯したので良かったです。

P181_20231029180701

で、チューニングノブを回すと途中で動かなくなる現象があり。
何が悪いのか悩みました。

糸が滑るのかと思ってアルコールで拭いたり、
ノブの回転を糸に伝える部分もアルコールで拭いたり。
可動する針部分にミシン油を軽く塗ったりもしました。
それでも治りません。

バリコンのプーリーが長年の糸のテンションにより曲がりぎみで、
それかとも思ったのですがそうではなく、
そのプーリーが挿してある軸が外側(写真の右側)に引き出されて、
負荷が増していることによるものでした。
左側一番奥まで挿しこんでギヤにミシン油を塗ったら、
スムーズに回るようになりました。

P182_20231029180701

アンテナの端子に普通の同軸コネクタが挿せません。
ネット検索すると専用の変換コネクタがあったようです。

¥1,100なので壊しても惜しくはありません。
挿せれば良いので強硬策に出ましたw。
端子周りのプラスチック部分を切り取り、
外周のコネクタは無理やり径を細くしました。
これで同軸線が挿せて接触も問題なし。

P183_20231029180701

オーディオラックにセットしました。
小型チューナーだと思たのですが、カセットデッキの上に載せると、
意外と大きいことが分かりました。
大きいチューナーを買わなくて良かったです。

周波数を指す赤色LEDの両側の緑色LEDがチューニング表示も兼ねていて、
チューニング周波数が低すぎると右が消灯し高すぎると左が消灯します。
チューニングが合うと両方のLEDが点灯。
写真はチューニングが合っている状態です。

電源スイッチのランプも点灯。
FM FUJIにチューニングすると、針が指す周波数は1目盛りずれています。
ですがLED表示でチューニングするので目盛りは大まかな目安に過ぎず、
使用するにあたっての不都合はありません。

P184_20231029180701

ランプ照明の感じも含めこのシンプルなデザインが気に入りました。
B.G.M.としてしか聴かないので音質はこれで十分。
FMラジオが聴けるようになって良かったです。
ちなみにアンテナはTV用の室内アンテナを使用しています。

ジャンクオーディオ満喫中!

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 JL-F44ZR

今回も廉価レコードプレーヤーの紹介になります。
ビクターのJL-F44ZRです。
モーターが見たくて衝動買い。
ヤフオクで¥500落札、ダストカバーなしのジャンク品です。

P160_20231016091201

QL-F5の弟機ですが¥10,000安いので、
色々コストカットされています。
キャビネとはQL-F5と一部異なるところはありますが、
同じ金型で作っていることは明らか。

P161_20231016091201

トーンアームはQL-F5のトーンアームからオイルダンプを省いたもの。

P162_20231016091201

脚は底板に直付けで高さ調節不可。

P163_20231016091201

底板はQL-F5のような重量があるものではなくペラペラ。
変形防止の鉄棒が2本付いているのは良心的。
メカが動くようにCRCか何かをたくさんかけたらしく、
底板にも油が残っています。

P164_20231016091201

メカ式フルオートなので複雑なトーンアーム駆動メカがあります。
キャビネットは薄いプラスチックで、リブはあるけれど強度不足。

P165_20231016091201

このメカ部分はQL-F5と同じものです。
こちらにはソレノイドが追加されています。
フルオート機構は機能していたか、いなかったか。
確認したはずですけれど忘れました。

P166_20231016091201

モーター駆動系はこんな感じ。
電源トランスを防振ゴム付きでキャビネットに直付け。

P167_20231016091201

モーターは扁平型で、軸受を構成する部分がプラスチック。
廉価便ならではのコストカットはやむを得ないか。
FGサーボでクォーツロックなし。

P168_20231016091201

ちなみに下のQL-F5のモーターは軸受部分も金属製です。
ダブルサーボのクォーツロックでモーター駆動素子もIC化。

P169_20231016091201

このモーターには興味が持てません。

P170_20231016091301

コイルも磁石もQL-F5より小型かも。
QL-F5のコイルとローターの写真を撮っていなかったので推定です。

P171_20231016091301

いつものようにモーター回転系部品を取り外してお遊び。

P172_20231016091301

40年くらい経ってもメンテなしで回転するんだから大したもの。
回転数調整ボリュームだけは接点復活剤を吹きかけています。

P173_20231016091301

QL-A2のモーターを使った自作レコードプレーヤに
このプラッターを乗せてみました。
プラッターとモーター軸の勘合部はピッタリはまります。
ストロボランプは50Hzで点滅しているので、
33回転で50Hz33回転のストロボが止まって見えます。

(注)ストロボランプのカバーは別のレコードプレーヤーのものなので、
ストロボ縞の表記はプラッターのストロボ縞位置とは異なっています。

P173_20231016100101

プラッターの外周部は薄く軽量です。
写真はJL-F44Rのもので、中心部周辺の形状が異なります。

P206_20231126132401

この頃の廉価レコードプレーヤーのプラッターは1kg以下のもの多数。

P174_20231016091301

ということで特に使える部分も見いだせず、
このレコードプレーヤーはガレキとなりました。
ヤフオクで買って壊して捨てるというのは申し訳ないけれど、
中身をこうやってアーカイブとして残すので許してください。

最後に、
JL-F44ZRは価格相応のレコードプレーヤーだと思いました。

| | コメント (0)

三栄無線の真空管アンプ

三栄無線の真空管アンプSA-6302の記事に、
「すけ」さんからコメントがありました。
10年以上前の記事ですね。
懐かしいです。

回路図がないかとの問い合わせがあったのでここに貼ります。

Sa6302_20231008193301

トランスの仕様については記載されていません。
組み立ての取説にも記載されていません。
特注出力トランスということです。

私はタンゴのシングルトランスU708に交換したので、
そのメモ書きもそのままにしました。
見ずらいかもしれませんが代替トランスの参考にどうぞ。

実体図もありましたので貼ります。

Sa6302_20231008193302

当時、実体図を見てワクワクしたのが懐かしいです。
ブログを通じて同好の士とコミュニケーションできるのは楽しい。

動作するようになると良いのですが。

(注)回路図と実体図の著作権は三栄無線にあるので個人利用に留めてください。

ビックリしました。

ネットで「三栄無線」を検索したら。
復活していました!
ファンクラブの皆様による限定的なものではあるようですが。
こういった形でも嬉しいです。

ホームページURLは以下

ホーム | 三栄無線~REVIVE~ (saneimusen.wixsite.com)

興味がある方はどうぞ。

回路図アーカイブを見たら、
上記アンプの後継機SA-6302Aがありました!

| | コメント (2)

レコードプレーヤー探訪 FR-Q5

これはプラッターがほしくてヤフオクで1円落札。
サンスイのFR-Q5です。
ほとんどネットで話題にならないサンスイのレコードプレーヤーを
紹介するのは私くらいでしょう。

P141_20231008103901

カートリッジが付属していたので、
これをヤフオクで売れば送料くらいにはなるでしょう。
ご存じのとおりエンパイアのOEMカートリッジです。
ヘッドシェルもなかなかしっかりしています。

P142_20231008103901

主にシスコン用のフルオートプレーヤーです。

P143_20231008103901

プラッター外周に着磁した磁気パルスで回転速度を検出。
DENONやソニーと同じ方式です。

P144_20231008103901

磁気パルスを検出する磁気ヘッドがこちら。

P145_20231008103901

プラッター外周内側に磁気パルスを着磁。
外周部が厚くなっていてそこそこの慣性質量があります。
このプラッターを今持っている他のレコードプレーヤーで利用します。

P146_20231008103901

脚は本体に付いています。

P147_20231008103901

底板は薄いプラスチックで軽量。

P148_20231008104001

キャビネットはプラスチックで厚めではありますが、
強度はそれほどないように思います。
トーンアームをマイコンで制御しているので、
大きな制御基板があります。

P149_20231008104001

トーンアームは専用モーターで駆動します。
サンスイ独自の凝ったメカになっています。

P150_20231008104001

コンパクトで精密ですが、壊れやすそうな気もします。

P151_20231008104001

トーンアームがマイコン制御だと基板が大きくなってしまいます。
回転制御の一部機能(回転速度検出、水晶発振など)も
この基板に実装されています。

P152_20231008104001

電源トランスは重いので鉄板を介してキャビネットに取付け。
キャビネットの強度がないことの証明でもあります。

P153_20231008104001

トーンアームから出た信号線は金属メッシュでシールドしていますが、
アームコードへの接続部分にシールドケースはありません。

P154_20231008104001

モーターは例の20極30スロット。
軸受がモーターベース板になっている初期型。

P155_20231008104001

これだけで回転制御もしている優れもの。
このモーターは水晶発振と回転速度検出はこの基板外。

P156_20231008104001

ストロボの点灯が面白いです。
回転していない時もストロボランプが点灯しているので、
回転していることを見分けるために、
倍の周波数でストロボを照射して、
ストロボパターンの間にもストロボパターンがあるように見せています。
クォーツロックだと回転時もストロボが停止して見えるので、
こうしたのでしょう。
上が停止時。下が回転時。

P157_20231008104001

失敗しました。
ストロボパターンがありがちな50Hz点滅用ではありません。
なので電源周波数で照射してもストロボが止まりません。
どうしようかと悩み、秋月電子で売っている発振器を使って、
ストロボランプを点灯することにしました。
その基板用に簡易定電圧回路も製作。
上側の汎用基板に組んだのが定電圧回路で、
下側にあるのが購入した発振器の基板。
80Hzで点灯すればストロボは停止するみたい。
水晶発振ではないのでストロボは少しづつ流れます。

P158_20231008104001

このレコードプレーヤーにプラッターを実装。
精悍なルックスになると思います。

P159_20231008104001

カートリッジを売ればですが、
ほとんどただみたいなものでプラッターを入手できました。
中身も解析できたし、十分楽しめています。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 FR-D55

自作レコードプレーヤーのプラッターを交換して
イメチェンしてみようかと思い落札しました。
サンスイのFR-D55です。ヤフオク¥500也。
中身を見たかったということもありますが目的は上記のとおり。

ダストカバーなし。
ダストカバーなしで梱包がいい加減だと、
輸送中にトーンアームレストやトーンアームそのものが
破損する危険大。
私は直して使う気はなかったので破損してもO.K.でした。
今回は壊れずに届きました。
プラッターが黒色なので精悍な感じです。

P121_20230826091501

フルオートでかつ選曲機能付き。
クォーツロックはなし。

P122_20230826091501

この頃流行りのローマスストレートトーンアーム。
華奢なので私は嫌いです。

P123_20230826091501

支持部のこの形は結構好きです。
オーディオクラフトのワンポイントサポートみたい。
これはワンポイントサポートではありませんが。

P124_20230826091501

カートリッジの前方に何やら怪しげなものが付いています。
曲間の無音部分を検出するセンサーです。

P125_20230826091501

ネットで拾ったマニュアルには下図のような説明が記されています。
このセンサーによって、
「驚異のコンピューター自動選曲システム」が可能に。
当時レコードでこういうことをやりたい人がいたんですよね。
まあ数年後にはCDが出ていとも簡単に実現。
そういう人達に支持されて、「あっ」という間にレコードを駆逐。

P126_20230826091501

底板はプラスチックで脚直付け。

P127_20230826091501

リブが入っていますが薄くて強度不足。

P128_20230826091501 

コンピュータ自動選曲なので、
トーンアーム制御の大きな基板(左側)があります。
右の大きな基板は電源系で部品実装少なくスカスカ。

P129_20230826091501

トーンアームの駆動部はコンパクトですが複雑なもの。
専用モーターで駆動するサンスイ独自の構造。

P139_20230826091601

コンピューター自動選曲はマイコンで行います。
コンピューターI/F用のトランジスタがずらりと並んでいます。

P130_20230826091501

マイコンには「Sansui」の印字がありますが、
マニュアル記載の型式から言ってNEC製です。
この4ビットシングルチップマイコンは、
当時他のオーディオ機器にも使われています。

P131_20230826091501

それより気になるのがモーター。
サンスイお得意の20極30スロットモーターです。
オンキョーのレコードプレーヤーもこのモーター。

P132_20230826091501

これはFG付でクォーツロックなし。

P133_20230826091501

この基板だけで回転制御しています。
IC化されているので部品数は少ないです。
トランジスタだらけのDENONとは大違い。
この頃まで生き残ったモーターだけのことはあります。

P134_20230826091501

コイルの上にある円盤部分がFG。
この精密な造りには惚れてしまいます。
コイルの外側が塗装されたものは初めてみました。

P135_20230826091601

このモーターのバリエーションについて整理します。
下記機種は全て入手して確認しています。

オンキョー PX-55F: FG付、クォーツロック、マグネット大
OTTO TP-Q7: FG付、クォーツロック、マグネット小
サンスイ FR-D4、FR-D3: FGなし、クォーツロックなし
サンスイ FR-D55: FG付、クォーツロックなし
サンスイ FR-Q5: 磁気記録検出FG、クォーツロックなし

※FR-Q5は後日紹介します。

ニーズに合わせて色々作っていたことが分かりました。
このモーターについてここまで調べたのは私だけでしょうw。
CD時代まで生き残ったシンプル20極30スロットモーター。

ところで、
このプラッターを使ってイメチェンしようと思ったのですが、
ご覧のとおりの肉薄ペラペラプラッターでガッカリ。
これでは使う気が起きません。

P140_20230826091601

モーター以外はガレキになってしまいました。
ごめんなさい。

| | コメント (0)

レコードプレーヤー探訪 SR-F45

何でこれを買ったのかよく覚えていません。
ハードオフのジャンク品、オーレックスのSR-F45です。
廉価フルオート機。
外観はご覧の通りのボロ。

P103_20230813205601

廉価品ならではの使いやすさ考慮?
レバー式の操作スイッチが特徴です。
個人的には操作しやすいとは思いませんが。

P104_20230813205701

モーターから駆動力を得てトーンアームを動かすタイプ。
極普通のトーンアームです。

P105_20230813205701

底板が鉄板なのは珍しいです。
軽いプラスチックキャビネットなので、
ハウリング対策の重量増が目的でしょう。
脚は普通のもので底板直付け。

P106_20230813205701

底板がモーター周辺の機構と干渉しないようにくりぬかれ、
そこだけプラスチックになっています。
何か中途半端な構造です。

P107_20230813205701

底板を開けてビックリ!
モーターはLo-Dのユニトルクモーターです。
東芝さん節操ないですね~。
日立のモーターを使うなんて。
安く作るためには何でもありか。
キャビネット外周は比較的厚みがありしっかりしているほう。

P108_20230813205701

フルオート機構は複雑なメカ式ですが、
鉄板に覆われて機構部分は見えません。

P109_20230813205701

これがユニトルクモーター。

P110_20230813205701

以前紹介したLo-DのHT-352のモーターと比較してみましょう。
ちなみにHT-352はガレキ行で今は写真しか残っていません。
これがそれでベース鉄板はクロメート処理されています。
上記モーターは亜鉛メッキのみなのでより安いのでしょう。
東芝さんケチるよね~w。

P111_20230813205701

モーターに貼ってある銘板を見比べます。
左:オーレックス、右:Lo-D。
さすがにオーレックスには日立モートルマークがありません。
どちらも製造している(MFR)のはJAPAN SERVO(J.S.)です。
ユニトルクモーターは日立設計で、製造は日本サーボだったんですね。
今回銘板をきちんと見てそれが分かりました。

P112_20230813205701

亜鉛メッキだけの鉄板は安っぽいですよね。
形状はユニトルクモーターそのもの。

P113_20230813205801

ローター磁石は幅が広いので磁力は強いはず。
軸受がしっかりしているのは、無骨な日立モーターの証か。

P114_20230813205801

モーターを横から見て比較します。
左:Lo-D、右:オーレックス。
ローターの磁石と鉄板の接着の仕方はオーレックスの方がきれい。
多分オーレックスの方が新しいので、
作り方などは改善されたということなのでしょう。
オート動作用のギヤの位置と形状が異なっているのは、
それぞれのレコードプレーヤー用にカスタマイズされているから。

P115_20230813205801

プリント基板も比較します。
左:Lo-D、右:オーレックス。
Lo-Dには日立モートルマークあり。
ここも両方にJAPAN SERVOと書いてあります。
基板製造は日本サーボなのでしょう。
基板型式はTDK-T5VとTDK-T12Vです。
普通数字が大きい方が新しいので、
オーレックスの方が新しく設計された基板です。
基板外形も簡単になり、こういうところも安くする工夫。

P116_20230813205801

今回は更に分解してみました。
プリント基板の上にあるのはホール素子です。
ホール素子の取付け角が独特。
コイルは独特形状でこれこそがユニトルクモーターの独自性。

P117_20230813205801

これだけ薄くて巻き数が少ないので、
コイルが発生する電磁気力は弱いことになります。
つまりトルクは弱いということ。
このコイルのエッジワイズ巻は難しいと思います。
日本サーボで製造しているにしても、
コイルの製法は日立が特許をとっていそうな気がします。

P118_20230813205801

回転制御基板がこちら。
JRCのデュアルオペアンプ4558Dでコイル駆動用トランジスタを
ドライブしていると思います。

P119_20230813205801

プラッターはユニトルクモーターにしては外周が厚く、
慣性質量は大きいものになっています。
内側にリムがあるのでベルトドライブと共用だと思います。
トルクが少ないモーターで、
プラッターの慣性質量(力が加わらなくても回り続けようとする効果)を
使ってトーンアームを駆動しやすくするのでしょうけれど。
Lo-Dならばこういう使い方はしないでしょうね。
オーレックスのいい加減さが出ているように思います。
このプラッターは外周がほんの少し高いので、
そこにかかる径のゴムマットは使いたくないです。

P120_20230813205801

何もしなくてもモーターはスムーズに回っていたのですが、
メンテナンスということで軸と軸受を掃除して
テクニクスのオイルを入れたら回転が不安定になりました。
どうやらもっとサラサラのオイルでないとダメみたい。
ミシン油を入れようかと思いましたが、
特にこのモーターが好きというわけではないので、
分解しておしまいということになりました。

ユニトルクモーターの考察ができたので、
私的には収穫がありました。

余談ですが。

日本サーボは日本電産サーボの元となった会社です。
日本電産サーボは最近ニデックアドバンスドモーターと改名。
川口春奈さん出演のTVCMが流れています。
裏方の会社なのにTVCMする必要があるのかと思いましたが、
新入社員を集めるためなのでしょう。
裏方製品を作る技術系会社は人気がないでしょうから。
TVCMやってる会社ということで知名度が上がれば人も集まる。
でも今時の若者はTV見るのかな~?

| | コメント (0)

«レコードプレーヤー探訪 TP-Q7